【林 智広】マテリアルズインフォマティクスと実験の融合による階層的マルチスケールバイオ界面の解析と医療用バイオマテリアルの開発

さきがけ研究者

林 智広画像

林 智広

東京工業大学
物質理工学院
准教授

研究概要

本研究では機械学習・多変量解析を用いて、バイオマテリアルの化学構造、物理化学的特性とバイオマテリアルに接した細胞・組織の相関を解析し、その相関を用いて逆問題解法的に、望む細胞・組織応答を誘起するバイオマテリアルを設計します。さらに、本研究では相関解析のみでは明らかに出来ない、バイオマテリアルー細胞間の分子プロセスを解析し、材料に対する細胞・組織の応答決定メカニズムを解明します。これにより、真に学術的に裏付けがあり、且つコスト・時間で圧倒的に優位なバイオマテリアル開発ストラテジーを確立を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望