【田中 大輔】ハイスループット合成・評価システムと機械学習の統合による革新的太陽電池材料の探索

さきがけ研究者

田中 大輔画像

田中 大輔

関西学院大学
理工学部 化学科
准教授

研究概要

塗るだけで作成できる塗布型太陽電池は、次世代のエネルギーデバイスとして活発に研究がなされています。本研究ではマイクロデバイスを用いたハイスループット合成システムとマテリアルズインフォマティクスの手法を駆使して超高効率塗布型太陽電池材料の開発を行います。特に、無機半導体ナノ構造が周期的に配列した金属-有機構造体(MOF)の結晶化条件と光物性発現の指針を探索し、革新的な太陽電池材料の提案を目指します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望