【鈴木 通人】多極子理論とデータ科学の融合による物質設計

さきがけ研究者

鈴木 通人画像

鈴木 通人

東北大学
金属材料研究所
准教授

研究概要

本研究提案では、実験情報に依らずに物質の磁気構造を求めるための新しい計算の枠組みをもとに、物質の磁気構造データベースを作成します。そしてこの磁気構造データベースをもとに、磁気構造を特徴づける量と巨視的な物性現象の相関関係を第一原理計算によって計算し、機械学習の教師データとして蓄積することで、磁気構造に特有な物性に対する新しい物質設計フレームワークを構築します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望