【岩崎 悠真】材料開発に特化した高精度ホワイトボックス型機械学習手法の開発と、そのスピン熱電材料開発への応用

さきがけ研究者

岩崎 悠真画像

岩崎 悠真

日本電気株式会社
システムプラットフォーム研究所
主任

研究概要

実際の材料探索では、機械学習によって材料特性を予測することだけでなく、『作成されたモデルを物理学/材料学によって人間が解釈すること』も求められます。それは、そのモデルが正しいかどうかを判断するためだけでなく、そこから新しい物理現象や新物質創成のヒントが得られるからです。本研究では、このような『人間主導マテリアルズ・インフォマティクス』に必要な機械学習手法を開発し、その成功例を示します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望