【相澤 直矢】励起状態の仮想スクリーニングによる革新的有機半導体の探索と実用

さきがけ研究者

相澤 直矢画像

相澤 直矢

科学技術振興機構
さきがけ研究者

研究概要

安価・軽量・フレキシブル・プリンタブル・希少金属フリーといった利点を有する有機半導体の開発は、有機ELをはじめとする次世代電子デバイスの根幹を担う重要な課題です。本研究では、相対論的量子化学計算とベイズ最適化を組み合わせることで、励起状態の仮想スクリーニングを効率的に行います。さらに、候補分子の合成からデバイス特性評価までの一貫した実験研究を推進し、革新的な発光特性を有する有機半導体を創出します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望