【安井 隆雄】がん転移メカニズム解明にむけた人工超空間の創製

さきがけ研究者

安井 隆雄
安井 隆雄
名古屋大学
大学院工学研究科
助教

研究概要

人工超空間を創製し、がん転移メカニズムの解明を目標として、がん細胞から正常細胞へ輸送されるがん化因子であるエクソソームの定量解析を達成します。この人工超空間とは、微細流路中の「狙った空間位置」に「狙った材料・表面」で「狙った大きさ」の「狙った空間空隙」を持つ特徴的な空間です。これにより、がん細胞から正常細胞への輸送されるがん化因子であるエクソソームを特定し、がん転移メカニズムの解明に貢献します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望