[領域活動紹介] 環境変動に対する植物の頑健性の解明と応用に向けた基盤技術の創出

イベント

CREST「植物頑健性」領域 第一回成果報告会:「環境変動に対する頑健性のメカニズム解明に向けて」

日時:令和2年12月2日(水) 10:00-16:45
形式:Zoom Webinar(参加無料)
参加申し込みはこちら
開催案内はこちら
講演要旨は各演題をクリックしてください

プログラム:
10:00~ 開会の挨拶
田畑哲之(研究総括、かずさDNA研究所)
保田睦子(調査役、JST戦略研究推進部)
10:10~ 植物育種のためのトランスオミクスモデリング
岩田洋佳 (東京大学大学院 農学生命科学研究科)
11:00~ 植物の栄養獲得と利用の最適化を行う遺伝子制御ネットワーク
柳澤修一 (東京大学 生物生産工学研究センター)
11:50~(休憩)
13:00~ データ科学に基づく作物設計基盤技術の構築
平山隆志 (岡山大学 資源植物科学研究所)
13:50~ 光合成生物がもつ活性酸素(ROS)生成抑制のための「P700酸化システム」の発見とそのメカニズムの全容解明~過酷な地球環境で生き抜くための仕組み~
三宅親弘 (神戸大学大学院 農学研究科)
14:40~(休憩)
15:00~ 大規模トランスクリプトームモデリングを介した野外と制御環境の統合解析と形質予測
永野惇 (龍谷大学 農学部)
15:50~ 自然生育地における植物の頑健性
工藤洋 (京都大学 生態学研究センター)
16:40~ 閉会の挨拶
田畑哲之(研究総括、かずさDNA研究所)



CREST「植物頑健性」領域 第二回成果報告会:「栽培管理や育種に役立つオリジナル計測機器のご紹介」

日時:令和2年12月3日(木) 10:30-16:05
形式:Zoom Webinar(参加無料)
参加申し込みはこちら
開催案内はこちら
講演要旨は各演題をクリックしてください

プログラム:
10:30~ 開会の挨拶
田畑哲之(研究総括、かずさDNA研究所)
保田睦子(調査役、JST戦略研究推進部)
10:40~ 環境ストレス下、酸化障害の危機を検知する活性酸素(ROS)マーカーの発見と、ROSマーカー活用を目的とした検知機器(ROS Field Master)の開発による栽培管理および選抜育種システムの提案
三宅親弘 (神戸大学大学院 農学研究科)
11:20~ 並列Wifi制御インキュベータと迅速光合成測定装置
永野惇 (龍谷大学 農学部)
12:00~(休憩)
13:00~ 圃場でオミクスデータを収集するための技術開発
岩田洋佳 (東京大学大学院 農学生命科学研究科)
13:40~ フィールド及び温室で活用できる多検体フェノタイピングシステムと環境計測技術
明石良 (宮崎大学 農学部)
14:20~(休憩)
14:40~ オンサイト放置型の多項目統合環境計の開発
三宅亮 (東京大学大学院 工学系研究科)
15:20~ 環境ストレス下の根の可塑的変化を非破壊計測するための栽培・計測プラットホームの開発
宇賀優作 (農業・食品産業技術総合研究機構 次世代作物開発研究センター)
16:00~ 閉会の挨拶
田畑哲之(研究総括、かずさDNA研究所)

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望