【佐久間 淳】自己情報コントロール機構を持つプライバシ保護データ収集・解析基盤の構築と個別化医療・ゲノム疫学への展開


研究代表者
佐久間 淳

筑波大学
システム情報系
教授


研究概要

個人情報は個人化されたサービスを生み出す源泉になりますが、プライバシへの配慮が重要です。特に、一度自分の手元を離れると、自分のデータがどう流通し、どう利用されるのかをコントロールすることができないという不安があります。本研究では、高度なデータ解析技術と暗号技術を組み合わせ、個人情報を公にせずに暗号化したままデータ収集・解析が可能な計算基盤を構築します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望