JSTトップ > 事業成果 > 表彰/受賞など

その他

表彰/受賞など

研究者の主な表彰および受賞事例は、以下の通りです。

ノーベル物理学賞

赤﨑 勇/天野 浩/中村 修二
高輝度かつ低消費電力の白色光源を可能にした高効率の青色LEDの発明(2014年)
赤﨑 勇(写真:左) 名城大学 教授 名古屋大学 特別教授・名誉教授
天野 浩(写真:中) 名古屋大学 大学院工学研究科 教授
中村 修二(写真:右) カリフォルニア大学 サンタバーバラ校 教授

ノーベル医学・生理学賞

山中 伸弥
成熟細胞が初期化され、多能性を獲得しうる現象の発見(2012年)
山中 伸弥 京都大学 iPS細胞研究所 所長

※ジョン・ガードン ケンブリッジ大学名誉教授と共同受賞

日本国際賞

細野 秀雄
ナノ構造を活用した画期的な無機電子機能物質・材料の創製(2016)
細野 秀雄 東京工業大学 応用セラミックス研究所 教授/元素戦略研究センター長

〔成果集〕
ディスプレイ革命
鉄系超伝導ブームを巻き起こす!

ガードナー国際賞

坂口 志文
制御性T細胞の発見と免疫における役割の解明、ならびに自己免疫疾患と癌の治療への応用(2015)
坂口 志文 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 教授
審良 静男
数々のトル様受容体 (Toll-like receptors; TLRs)の病原体認識機能の解析から、自然免疫による動物の感染防御システムにおける画期的な発見(2011)
審良 静男 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 拠点長

トムソン・ロイター引用栄誉賞

坂口 志文
制御性T細胞と転写因子Foxp3の特性と機能に関する独創的な発見(2015年)
坂口 志文 大阪大学免疫学フロンティア研究センター 教授
十倉 好紀
新しいマルチフェロイック物質に関する先駆的研究(2014年)
十倉 好紀 東京大学 大学院工学系研究科 教授
細野 秀雄
鉄系超伝導体の発見(2013年)
細野 秀雄 東京工業大学 応用セラミックス研究所 教授/元素戦略研究センター長

〔成果集〕
鉄系超伝導ブームを巻き起こす!

水島 昇
オートファジーの分子メカニズムおよび生理学的機能の解明(2013年)
水島 昇 東京大学 大学院医学系研究科 教授

※大隅良典 東京工業大学フロンティア研究機構教授 ダニエル・クリオンスキー ミシガン大学教授との共同受賞

藤嶋 昭
本多・藤嶋効果(酸化チタンの光触媒反応)の発見(2012年)
藤嶋 昭 東京理科大学 学長

トムソン・ロイター 「Top100 グローバル・イノベーター 2015」

日本の公的機関ではJSTが初受賞(2015年)

Top100のうち日本企業・機関が40社。日本の公的機関としての受賞はJSTが初。

イノベーター・オブ・ザ・イヤー

間野 博行
各がん種における本質的な発がん原因分子を同定し、がん臨床検体から直接発がん原因分子を探索する技術開発を行った等、多くの功績による受賞(2014年)
間野 博行 東京大学 大学院医学系研究科 細胞情報学分野 教授

米国科学誌サイエンス「10大成果」のひとつに選定

大谷 直 / 原 英二
肥満に伴う腸内細菌の変化が肝がんの発症を促進することを解明(2013年)
大谷 直(写真:左) がん研究会 がん研究所 主任研究員
原 英二(写真:右) がん研究会 がん研究所 部長
谷口 英樹
ヒトiPS細胞から作製した「内胚葉細胞」に、血管を作り出す「血管内皮細胞」と、細胞を結合させる働きなどをする「間葉系細胞」を加えて、ヒトの「ミニ肝臓」を形成(2013年)
谷口 英樹 横浜市立大学 教授
斎藤 通紀
マウスの多能性幹細胞(ES細胞、iPS細胞)から受精可能な卵子を作製(2012年)
斎藤 通紀 京都大学 大学院医学研究科 教授
沈 建仁
太陽光と水から酸素を作り出すための要となるタンパク質「光化学系Ⅱ複合体」の結晶構造を解明(2011年)
沈 建仁 岡山大学 大学院自然科学研究科 教授

英国科学誌「ネイチャー注目すべき5人」のひとりに選定

髙橋 政代
世界で初めて、iPS細胞(人工多能性幹細胞)を人間に応用(2013年)
髙橋 政代 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター(当時)

論文引用動向

論文引用動向の日本国内でのJSTの順位は東京大学に次いで第2位に相当し、大学をのぞいては日本国内でトップです。
1論文あたりの平均被引用数は飛び抜けて高く、多くの研究者に引用される論文を発表していることを示しています。

高被引用論文数による日本の研究機関ランキング
表:高被引用論文数による日本の研究機関ランキング
トムソン・ロイター社 平成27年4月16日プレスリリース「インパクトの高い論文数分析による日本の研究機関ランキングを発表」をもとにJSTで作成。
【分析に用いたデータベース】Essential Science Indicators 【対象期間】2004年1月1日?2014年12月31日

※2015年より、ファンディングエージェンシーであるJSTは順位としてはランキングに入っていませんが、トムソン・ロイターの発表によるとJSTは高被引論文数は827報、高被引用論文の割合2.5%で2位に相当します。

ライセンス

JST事業による研究成果や、大学や国公立試験研究機関等からの依頼にもとづく研究成果の実用化のため、目利き人材や企業等とのネットワークを活用しつつ企業を探索し、研究開発成果のライセンス活動を行っています。

【あっせん・実施許諾】 平成26年度実績 企業件数21社/特許件数206特許
表:【あっせん・実施許諾】 平成26年度実績 企業件数21社/特許件数206特許
  • 前のページ
  • 一覧にもどる