SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル 共生するならどっち? ~微生物か、ロボットか~
Title Let's live with non-humans.
企画概要 世界的な感染症の拡大は、「目に見えない生物」に対する誤解や恐怖心をもたらしました。 一方、人と人が会いづらい生活の中で、コミュニケーションを支える技術の重要性が増しています。 セッションの前半では、微生物と生物の関わり合いを俯瞰する研究者と、微生物が生物社会で果たしてきた役割について考えます。 後半では、人とテクノロジーの共生を目指す研究者と、さらなる活躍が期待されるロボットやAIとどう向き合い、関わり合うべきなのか議論します。
出展者名 科学技術振興機構 研究プロジェクト推進部(ERATO)
Exhibitor Department of Research Project (ERATO), JST
企画番号 2217
配信日時 11月22日(日)17:30-19:00
登壇者プロフィール
    <パネリスト>
    東京大学 大学院薬学系研究科 教授/ERATO池谷脳AI融合プロジェクト 研究総括
    池谷 裕二

    東京大学 先端科学技術研究センター 教授/ERATO稲見自在化身体プロジェクト 研究総括
    稲見 昌彦

    筑波大学 生命環境系 教授/ERATO野村集団微生物制御プロジェクト 研究総括
    野村 暢彦

    産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 首席研究員/ERATO深津共生進化機構プロジェクト研究総括
    深津 武馬

    <ファシリテーター>
    一般社団法人Whole Universe 代表理事/世界のアートサイエンスを伝えるメディア「Bound Baw」編集長
    塚田 有那


    池谷裕二
    (東京大学 大学院薬学系研究科 教授/ERATO池谷脳AI融合プロジェクト 研究総括)


    稲見昌彦
    (東京大学 先端科学技術研究センター 教授/ERATO稲見自在化身体プロジェクト 研究総括)


    野村暢彦
    (筑波大学 生命環境系 教授/ERATO野村集団微生物制御プロジェクト 研究総括)


    深津武馬
    (産業技術総合研究所 生物プロセス研究部門 首席研究員/ERATO深津共生進化機構プロジェクト研究総括)


    塚田有那
    (一般社団法人Whole Universe 代表理事/世界のアートサイエンスを伝えるメディア「Bound Baw」編集長)

プログラム
  • 17:30 - 18:00 対談(1):微生物、生物間の進化共生について、野村 暢彦 先生/深津 武馬 先生
  • 18:00 - 18:30 対談(2):ロボット・AIとヒトの共生/30分、池谷 裕二 先生/稲見 昌彦 先生
  • 18:30 – 18:35 休憩
  • 18:35 – 19:00 質疑応答、池谷 裕二 先生/稲見 昌彦 先生/野村 暢彦 先生/深津 武馬 先生

page top