SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル 人間と機械の共生が創る新しい生活様式
Title New Normal driven by Human-Machine SymbioCity
企画概要 新型コロナウイルスにおける新しい生活様式のためには、「人間と機械が共生できる」新技術を発展させることが必要となってきます。 これにより、例えば、現在主流のテレワーク作業も、製造業などで身体性が伴う作業に拡張できる研究開発を行っています。 本企画では、これを実現するIoA(Internet of Abilities)技術、IoT機器等が自然物と共生して新しい価値を生むための新共生技術を講演/パネルで紹介します。
出展者名 科学技術振興機構戦略研究推進部
Exhibitor Department of Strategic Basic Research, JST
企画番号 1802
配信日時 11月18日(水)13:00-14:30
登壇者プロフィール
    暦本 純一(東京大学)
    人間の能力をテクノロジーにより拡張するHuman Augmentation、さらにそのネットワーク展開である Internet of Abilitiesの研究と社会実装を進めています。 モットーは、頭で妄想し、手で思考。


    暦本純一
    (東京大学)

    川原 圭博(東京大学)
    情報網が環境の中に溶け込み、私たちの生活をそれとなくサポートしてくれるユビキタスコンピューティングの実現のため、ハードからソフトまで領域横断的に研究に取り組んでいます。


    川原圭博
    (東京大学)

    小池 英樹(東京工業大学)
    高度画像処理技術を用いた新しいHCIシステムの研究をしており、人間拡張技術の追求をして行きます。


    小池英樹
    (東京工業大学)

    寺田 努(神戸大学)
    センサやディスプレイを体に装着して常時利用するウェアラブルコンピューティング技術に関する研究を行っています。コンピュータを着るということが人間にとって何をもたらすのかを追求しています。


    寺田努
    (神戸大学)

    伊藤 亜紗(東京工業大学)
    視覚障害、吃音、四肢切断などさまざまな障害とともに生きる方への調査を通じて、多様な身体の可能性を探求しています。


    伊藤亜紗
    (東京工業大学)

プログラム
  • IoA技術の総本山である暦本純一、新共生技術の提案者である川原圭博によるポジショントーク(13:00-13:20)
  • 関連する技術紹介(13:20-13:50)
    小池英樹、寺田努、伊藤亜紗
  • 登壇者によるパネルディスカッション(13:50-14:30)
    モデレーター 暦本純一
    パネリスト 川原圭博、小池英樹、寺田努、伊藤亜紗

page top