SCIENCE AGORA

概要

企画タイトル "エコヘルス"から考えよう。新しい生活様式。
Title Let's talk about New Life from a point of view of EcoHealth
企画概要
ウィズ・コロナの時代、私たちは「新しい生活様式」をどう考えるべきでしょうか。 このトークイベントでは「人間の健康は生態系の影響を受けている」と考える「エコヘルス」という研究と、 研究者と社会の人々が話し合い、 課題解決を目指すという超学際(TD)研究のふたつの観点を基に、 小説家の平野啓一郎さん、そして皆さんと共にウィズ・コロナの時代のLifeを読み解き、考えます。 ※本イベントは地球研オープンハウスの一環です。
https://www.chikyu.ac.jp/openhouse/2020/
出展者名 総合地球環境学研究所(地球研)
Exhibitor Research Institute for Human and Nature (RIHN)
企画番号 2206
配信日時 11月22日(日)13:00-14:30
登壇者プロフィール
    <パネリスト>
    平野 啓一郎
    1975年愛知県蒲郡市生。北九州市出身。1999年在学中に文芸誌「新潮」に投稿した『日蝕』により第120回芥川賞を受賞。40万部のベストセラーとなる。 著書に、小説『葬送』、『決壊』、『マチネの終わりに』、『ある男』等、エッセイ・対談集に『私とは何か 「個人」から「分人」へ』、『「カッコいい」とは何か』等がある。

    ハイン・マレー
    1963年オランダ生。総合地球環境学研究所(地球研)教授。 ライデン大学で社会科学の博士号を取得後、 China-Netherlands Poverty Alleviation Project(中国)、Ford Foundation(北京/中国)、International Development Research Centre(シンガポール)を経て現職。 専門は社会科学。主な研究テーマは環境と健康、資源ガバナンス。


    <モデレーター>
    岡田 小枝子
    総合地球環境学研究所(地球研)


    平野啓一郎


    ハイン・マレー
    (総合地球環境学研究所(地球研)教授)

プログラム
  • 0~5分 イントロダクション
  • 5~20分 話題提供
  • 20~60分 パネリストによるクロストーク
  • 60~85分 QAを入れたディスカッション
  • 85~90分 まとめ

page top