革新的燃焼技術

最終更新日:2016年6月9日

お知らせ

お知らせ一覧へ

1.プログラムディレクター(PD)

杉山PD

杉山 雅則(トヨタ自動車(株) 常務理事)

2.研究開発内容

2.1 概要

本課題「革新的燃焼技術」では、最大熱効率50%及びCO230%削減(2011年比)を実現するための革新的技術の研究開発を行うとともに、世界トップレベルの内燃機関研究者の育成と持続可能な産学連携体制の構築に取り組みます。この目標を達成するために、(1)高い熱効率を生み出す燃焼技術(ガソリンの場合は超希薄燃焼・高過給・大量EGR条件下の燃焼、ディーゼルの場合は急速静音燃焼・クリーン低温燃焼など)、(2)内燃機関の燃焼を自在に制御する技術、(3)損失を低減する技術の研究開発を行います。

研究概要

研究開発概要(PDF形式:459KB)

2.2 研究開発計画

革新的燃焼技術 研究開発計画(PDF形式:579KB)内閣府のページへ

3.研究開発課題一覧

現在、4件の研究開発課題を実施しています。

研究開発課題一覧

4.研究体制

研究体制

研究体制(PDF形式:202KB)

JSTと自動車用内燃機関技術研究組合(AICE)がSIPに関する連携協定を締結しました(JST HPプレスリリース)。

5.イベント

6.ダウンロード

その他様式
名称 作成/改定 ダウンロード
その他形式1_取材連絡票 作成:平成27年4月1日 (Excel:29KB)

過去の書類一覧

過去の公募情報

一覧はこちら