イベント情報

「SIPシンポジウム2016~日本発の科学技術イノベーションが未来を拓く~」開催
2016年10月4日 品川インターシティホール

 平成28年10月4日(火)、東京・港区の品川インターシティホールにて「SIPシンポジウム2016~日本発の科学技術イノベーションが未来を拓く~」(主催:内閣府)が開催されました。

 本シンポジウムでは、SIP11課題のプログラムディレクター(PD)らが登壇し、2014年のSIP研究開発開始以降2年半の取組進捗状況の説明を中心に、独立行政法人日本学術振興会理事長、人工知能技術戦略会議議長である安西祐一郎氏による「AI、ビッグデータ、IoTの研究開発とSociety5.0の実現」をテーマにした基調講演、「SIPにおけるプログラム運営について」と「Society 5.0の実現にむけて」をテーマとしたパネルディスカッションなどが行われました。

 また、会場前の展示ゾーンに設けられたブースでは、SIP各課題が、それぞれの研究成果にかかわる様々な成果物を展示しました。JSTが管理法人をつとめる5課題も、研究開発成果として、開発された機器やシステム、製造された材料サンプルや紹介模型、動画等を展示し、多くの方にご覧頂きました。各課題のブースでは研究者や課題関係者による熱心な説明が行われ、シンポジウムの前後や合間の時間も多くの方々で賑わいました。

 本シンポジウムを通じ、広く一般の方々にもSIPの取り組みや成果を知っていただくことができました。

 JSTは引き続き、PDによる強力なリーダーシップの下、内閣府、関係省庁、他の管理法人とも緊密に連携しながら、科学技術イノベーションの実現に向けて各課題の研究開発を支援します。

<参考>
■SIPシンポジウム2016 開催レポート(内閣府ホームページ)
http://sip-cao.jp/event/

JSTフェア2016
▲展示ゾーン

JSTフェア2016
▲SIP全11課題のプログラムディレクター(PD)

JSTフェア2016
▲課題成果報告の様子

JSTフェア2016
▲パネルディスカッションの様子