イベント情報

「JSTフェア2016 科学技術による未来の産業創造展」にSIP 5課題が出展
(2016年8月25〜26日・東京ビッグサイト)

JST単独、もしくは他機関と合同で運営するSIP 5課題(革新的燃焼技術、革新的構造材料、エネルギーキャリア、インフラ維持管理・更新・マネジメント技術、レジリエントな防災・減災機能の強化)は、「JSTフェア 科学技術による未来の産業創造展 」(2016年8月25〜26日・東京ビッグサイト)にブース出展しました。(写真1)

この出展では、研究の意義や成果を実感していただこうと、SIPのプロジェクト概要ならびに5課題の目的などを紹介するとともに、最新の研究成果や解説パネルを展示して研究者やスタッフが来場者に直接ご説明しました。2日間を通して多くの方々がSIPブースに立ち寄られ、展示品を目にして具体的な質問をされる姿が見られました。(写真2)

また、8月26日(金)の午後には、鶴保 庸介 内閣府特命担当大臣(科学技術政策)がJSTフェアにお越しになり、SIPブースを視察されました。

鶴保 内閣府特命担当大臣は、「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」課題のもとJIPテクノサイエンス(株)が中心となって研究開発を進めている、業務車両にセンサーとなるスマートフォンを積載・走行して得たデータから路面劣化状況を評価する技術(写真3)や、「レジリエントな防災・減災機能の強化」課題のもとNTT未来ねっと研究所などが研究開発を進めている、大規模災害時の通信回復に寄与する移動式ICTユニット(写真4)などをご覧になり、熱心に質問されました。

JSTフェア2016
▲写真1

JSTフェア2016
▲写真2

JSTフェア2016
▲写真3

JSTフェア2016
▲写真4