[エピゲノム] エピゲノム研究に基づく診断・治療へ向けた新技術の創出(AMEDへ移管)

当該領域における継続課題は、平成27年4月1日をもって国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)へ移管されました

研究総括

山本 雅之(東北大学大学院医学系研究科 教授)

副研究総括

牛島 俊和(国立がん研究センター研究所 上席副所長・分野長)

概要

 本研究領域は、細胞のエピゲノム状態を解析し、これと生命現象との関連性を明らかにすることにより、健康状態の維持・向上や疾患の予防・診断・治療法に資する、エピゲノム解析に基づく新原理の発見と医療基盤技術の構築を目指します。

具体的には、がんや慢性疾患(例えば、動脈硬化、糖尿病、神経疾患、自己免疫疾患など)において適切な細胞のエピゲノム解析を行い、病因または病態進行 の要因となるエピゲノム異常を見いだすことで、エピゲノムの変動と維持に関する新原理の発見や画期的な予防・診断・治療法に資する基盤技術の創出を目指す 研究を対象とします。また、幹細胞の分化過程の各段階におけるエピゲノムプロファイルの比較を行うことにより細胞分化のメカニズム解明に挑む研究や、それ を通して組織指向的に細胞を分化誘導するための基盤技術も対象とします。さらに、メチロームやヒストン修飾プロファイルなどのエピゲノムの効率的な解析・ 解読法等の要素技術、エピゲノム制御のための要素技術の開発を目指す研究なども含みます。

本研究領域では、一部の課題において国際ヒトエピゲノムコンソーシアム(International Human Epigenome Consortium, IHEC)との連携を進めます。

 本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「疾患の予防・診断・治療や再生医療の実現等に向けたエピゲノム比較による疾患解析や幹細胞の分化機構の解明等の基盤技術の創出」のもとに、平成23年度に発足しました。

IHEC日本チームについて

国際ヒトエピゲノムコンソーシアムと連携する3課題(IHEC日本チーム)は、特設サイトで研究成果をはじめ、エピゲノム研究に関する幅広い情報を、研究者から広く一般の方々に向けて発信しています。

お知らせ

2013.11.25
国際ヒトエピゲノムコンソーシアム年次総会2013(ドイツ・ベルリン市)に参加しました。詳細は、JSTトピックスおよびCREST/IHECホームページをご覧ください。
2013.09.17
2013.05.02
JST、NEDOの合同シンポジウム「エピゲノム/エピジェネティクス~生命の適応戦略としてのエピジェネティクスとその破綻による疾患~」を、平成25年4月19日(金)にアキバホールで開催しました。多数のご参加、ありがとうございました。 開催報告 要旨集

領域アドバイザー

久保田 健夫 山梨大学大学院医学工学総合研究部 教授
高木 利久 東京大学大学院新領域創成科学研究科 教授
高橋 政代 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター プロジェクトリーダー
田嶋 正二 大阪大学蛋白質研究所 教授
千葉 勉 京都大学大学院医学研究科 教授
西島 和三 持田製薬(株)医薬開発本部 専任主事
深水 昭吉 筑波大学生命領域学際研究センター 教授
本橋 ほづみ 東北大学加齢医学研究所 教授
諸橋 憲一郎 九州大学大学院医学研究院 教授
吉田 稔 理化学研究所吉田化学遺伝研究室 主任研究員

募集・選考・研究領域運営にあたっての研究総括の方針

 ヒトゲノムの解読により、疾患因子の遺伝的理解は着実に進んできました。同時に、ある細胞でどの遺伝子の情報が活用されるかは、組織や細胞の分化段階によって異なり、エピジェネティクスによって制御されていることも強く認識されてきました。特に近年、環境要因等の影響を受けたエピゲノムの変化が疾患発症に重要な役割を果たしているとされ、がんとの関係については多くの知見が得られています。また、最近では、精神疾患、神経変性疾患、代謝疾患、アレルギー疾患などのがん以外の疾患でもエピゲノム研究が進められています。

しかし、各種の細胞が生理的にはどのようなエピゲノム状態をもつのか、また、外的あるいは内的因子がいかにエピゲノムの状態変化に影響を与えているのか、さらに、エピゲノムの状態が細胞機能にどのような影響を与えているのかといった基礎的・基盤的知見はまだ十分ではありません。エピゲノム研究を疾患の予防・診断・治療法に応用させるためには、対象となる細胞種を見据えつつ、メチローム、ヒストン修飾、非翻訳 RNA、クロマチン複合体などのプロファイルを統合的に解析する基礎的な研究を着実に積み上げることが重要です。また、分化・リプログラミングに際してどのようなエピゲノム変化が誘導されるのか、各種の疾患状態にある細胞ではどのようなエピゲノム変化が存在するのか、そして、それらの変化がどのような機能的意義をもつのかを解明することも重要です。

本年度の募集も、平成23年度、24年度と同様に、(1)臨床応用を目指すもの、もしくは見据えたものであること、(2)エピゲノム研究にブレークスルーをもたらすこと、(3)十分な研究支援効果が見込めること、について選考にあたって重視する予定です。同時に3回目であることから、研究領域のバランスという観点も従来以上に考慮し、過去2回の採択課題とのテーマの重複が少ない研究提案を特に期待します。疾患を対象とした提案ではこれまで採択のない、例えば、代謝・内分泌疾患や自己免疫・アレルギー疾患などの提案を歓迎します。エピゲノムの基本原理を対象とした提案でも、既に採択した研究領域とは重ならない提案を歓迎します。総額1億5千万円~3億円未満の小規模な提案を優先したいと考えています。

なお、過去2回の募集を行った IHEC に貢献する標準エピゲノム解析を大規模に実施するチームの募集は、今回行いません。

平成23年度採択分

定量的エピゲノム解析法の開発と細胞分化機構の解明

研究代表者(所属)
五十嵐 和彦 (東北大学大学院医学系研究科 教授)

精神疾患のエピゲノム病態の解明に向けた新技術創出

研究代表者(所属)
加藤 忠史 ((独)理化学研究所脳科学総合研究センター チームリーダー)

ヒト消化器上皮細胞の標準エピゲノム解析と解析技術開発 (IHEC)

研究代表者(所属)
金井 弥栄 (国立がん研究センター研究所分子病理分野 副所長・分野長)

幹細胞における多分化能性維持の分子機構とエピゲノム構造の三次元的解析

研究代表者(所属)
白川 昌宏 (京都大学大学院工学研究科 教授)

エピゲノム解析の国際標準化に向けた新技術の創出 (IHEC)

研究代表者(所属)
白髭 克彦 (東京大学分子細胞生物学研究所 教授)

肝細胞誘導におけるダイレクトリプログラミング機構の解明とその応用

研究代表者(所属)
鈴木 淳史 (九州大学生体防御医学研究所 教授)

高次エピゲノム機構の作動原理と医学的意義の解明

研究代表者(所属)
中尾 光善 (熊本大学発生医学研究所 教授)

エピゲノム創薬による広汎性発達障害の克服

研究代表者(所属)
萩原 正敏 (京都大学大学院医学研究科 教授)

生活習慣病による進行性腎障害に関わるエピジェネティック異常の解明と診断・治療への応用

研究代表者(所属)
藤田 敏郎 (東京大学先端科学技術研究センター 特任教授)

平成24年度採択分

エピゲノム変異誘導に対する調整因子・抵抗因子の同定

研究代表者(所属)
金田 篤志 (東京大学 先端科学技術研究センター 特任准教授)

生殖発生にかかわる細胞のエピゲノム解析基盤研究 (IHEC)

研究代表者(所属)
佐々木 裕之 (九州大学 生体防御医学研究所 教授)

ヒストンリジンメチル化制御系に基づく脳機能の理解と治療戦略への展開

研究代表者(所属)
眞貝 洋一 ((独)理化学研究所 基幹研究所 主任研究員)

エピゲノム成立の分子メカニズム解明と制御

研究代表者(所属)
仲野 徹 (大阪大学 大学院生命機能研究科 教授)

ダウン症に合併するTAMをモデルとしたがんの発症と退縮に関わるエピジェネティクスの解析

研究代表者(所属)
中畑 龍俊 (京都大学 iPS細胞研究所 特定拠点教授)

平成25年度採択分

環境要因によるエピゲノム変化と疾患

研究代表者(所属)

石井 俊輔 (理化学研究所 石井分子遺伝学研究室 上席研究員)

エピジェネティクスによるエンハンサー動態制御メカニズムの解明と細胞機能制御への応用

研究代表者(所属)

古関 明彦 (理化学研究所 統合生命医科学研究センター グループディレクター)

世代継承を担うエピゲノム制御の解明

研究代表者(所属)

松居 靖久 (東北大学 加齢医学研究所 教授)

2型糖尿病・肥満における代謝制御機構とその破綻のエピゲノム解析

研究代表者(所属)

山内 敏正 (東京大学 医学部附属病院 講師)

T細胞のエピジェネティク改変による免疫疾患制御

研究代表者(所属)

吉村 昭彦 (慶應義塾大学 医学部 教授)

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望