プログラムの概要

趣旨

国が定める戦略目標の達成に向けて研究総括の運営の下、独創的で国際的に高い水準の目的基礎研究を推進します。今後の科学技術イノベーションに大きく寄与する卓越した成果を創出することを目的とし、研究代表者が複数の共同研究グループを組織し実施するネットワーク型研究です。

概要

戦略目標

文部科学省では、毎年、国内外の研究動向を踏まえ、将来の社会経済に大きな影響をもたらす新技術シーズを創出するための目標を、戦略的創造研究推進事業の戦略目標として定めています。この戦略目標及び研究開発目標に基づき、大学等の研究者から研究提案が募られ、戦略的な基礎研究が推進されます。

研究領域と研究総括

JSTは戦略目標をもとに、外部有識者や専門家の参画を得て推進すべき研究領域と研究総括を定めます。
研究総括は、戦略目標達成に向けた研究を推進するため、ネットワーク型研究所となる研究領域の長として、研究領域の運営方針の策定や領域アドバイザーの選定、採択研究課題の決定、研究計画の調整を行うとともに、「領域会議」の開催や各研究実施場所の訪問等により各課題研究の進捗状況を把握し研究へ助言する他、課題評価を通して戦略目標の達成に向けたマネージメントを行います。

研究応募から開始まで

研究領域ごとに研究提案を募集します。研究総括は領域アドバイザーの協力を得て書類選考、面接選考により、選定を行います。

研究実施体制

採択となった研究代表者は、自らが立案した研究構想の実現に向けて、産・学・官の研究者からなる複数の共同研究グループで構成される最適な研究チームを編成して研究課題を実施します。研究代表者は研究実施期間を通じて研究の実施、資金の執行・管理、成果の取扱いなど、研究全体に責任を持ちつつ、研究領域全体の目的に貢献するよう研究を推進します。

研究期間

研究期間は原則5年半以内です。

研究契約

JSTは、研究を実施する研究者が所属する研究機関との間で、原則として委託研究契約を締結します。

研究費

1課題(1研究チーム)あたり、原則として1.5~5億円(通期;通常5年半以内)です。ただし、研究領域ごとに研究費額の範囲を設定している場合があります。
また、JSTは委託研究契約に基づき、研究費(直接経費)に間接経費(直接経費の 30%が上限)を加え、委託研究費として研究機関に支払います。

知的財産権

委託研究契約に基づいた研究により生じた知的財産権は、原則として研究機関に帰属します。

研究成果および評価

本制度により得られた研究成果は、社会還元を図るために一般公開します。 研究総括、領域アドバイザーを中心として、研究の進捗及び成果の状況と見込みについて、研究開始後3年程度を目安として中間評価を行います。また、研究終了時には事後評価・追跡評価を行い、同様に評価結果を一般公開します。

事業の流れ

研究代表者および研究課題を募集・選定し、研究者が所属する研究機関と研究契約を締結して、目的基礎研究を推進します。

研究提案方法について

研究提案方法の詳細については、募集専用ホームページに詳しく掲載します。募集時期、募集の概要については、募集専用HP、新聞発表、メールマガジンにてお知らせします。

研究支援体制

JSTは、研究総括のもとで研究者の研究活動をサポートします。具体的には、研究計画に基づいた研究契約の締結、特許出願に関する支援、広報活動等の様々な支援を行います。

成果の最大化に向けた運営の取組事例についてはこちらをご参照ください。

研究の実施

研究代表者を中心とする研究チームが、研究を推進します。

研究代表者の役割

  • ・研究チームを編成して研究提案を行います。
  • ・採択された後は、研究実施期間を通じて研究の実施資金の執行・管理など、研究全体に責任を持ちます。
  • ・論文や学会などを通して、またJSTが主催するワークショップやシンポジウムにおいて、積極的な研究成果の発表などを行います。

研究チーム

  • ・研究代表者の構想に基づき、複数の共同研究グループから構成されます。
  • ・研究チームには、研究代表者の所属する研究機関の研究者のみならず、研究代表者の構想を実現するために不可欠な場合、他の研究機関の研究者が共同研究者として参加することも可能です。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望