【眞貝 洋一】ヒストンリジンメチル化制御系に基づく脳機能の理解と治療戦略への展開


研究代表者

眞貝 洋一

眞貝 洋一

理化学研究所 基幹研究所
主任研究員
研究室ホームページ


研究概要

エピゲノムの調節異常が様々な疾患に関わっていることが明らかになってきています。この研究では、モデル動物を用いてヒストンメチル化調節異常がどのように精神神経活動やその発達に関係しているのか、また、その調節異常を補うことで症状の改善(あるいは完治)が可能かどうかを明らかにします。さらに、ヒトの先天異常症、小児期および成人期の精神疾患でも類似の異常があるかを調べます。エピゲノム調節異常の視点から、これらの疾患の病態の解明と治療法の樹立に近づきます。


主たる共同研究者
平澤 孝枝 山梨大学 医学部 助教
吉川 武男 理化学研究所 脳科学研究センター シニアチームリーダー
黒澤 健司 神奈川県立こども医療センター 遺伝科 部長

眞貝 洋一_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域