平成26年度採択課題 日本-ニュージーランド共同研究「機能性食品」分野

評価委員

【日本側】
研究主幹
 国分 牧衛   東北大学 名誉教授

アドバイザー
 相垣 敏郎   首都大学東京 大学院理工学研究科 教授
 石川 祐子   農業・食品産業技術総合研究機構 食品研究部門 ユニット長
 狩野 光芳   株式会社ヤクルト本社 中央研究所 研究管理センター 主任研究員
 津志田 藤二郎 宮城大学 食産業学部 特任教授

事後評価の進め方

日本側研究者が作成した終了報告書を、日本側アドバイザーが査読評価を行った。その評価結果をうけて研究主幹が課題別の評価報告書と領域の総評を作成した。
プロジェクト名日本側研究代表者年次報告書終了
報告書
事後評価
報告書
ニュージーランド側研究者代表者初年度
ブラックカラントの糖代謝および認知機能の予防・改善に対する有用性 愛知学院大学 心身科学部
教授 大澤 俊彦
植物食品研究所 食品・研究領域
サイエンスグループリーダー ロジャー・ハースト
初年度 終了報告書 事後評価報告書
免疫機能の最適化とアレルギー予防に資する醗酵食品の機能性に関する研究 産業技術総合研究所 バイオメディカル研究部門
主任研究員 辻 典子
マラガン研究所 シニアリサーチャー
エリザベス・フォーブス・ブロム
初年度 終了報告書 事後評価報告書
海産軟体動物および藻類に含まれる脂溶性成分の抽出と特性分析および生活習慣病予防機能の評価 北海道大学 大学院水産科学研究院
准教授 細川 雅史
コースロン研究所
テクニカルマネージャー ポール・シモン・マクナブ
初年度 終了報告書 事後評価報告書
研究主幹総評および領域活動概要 研究主幹総評および領域活動概要