SICORPの概要

事業の目的と背景

国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)は、我が国の優れた研究成果を世界に発信することを視野に入れ、我が国の競争力の源泉となり得る科学技術を、諸外国や地域と連携することにより相乗効果を発揮させ、相互に発展させることを目指して、競争的資金事業として平成21年度から実施しています。
戦略的国際科学技術協力推進事業は平成15年より実施してからすでに十数カ国と地域との研究協力を進め、顕著な成果を上げてきました。一方、激しさが増す国際競争を勝ち抜き、または一国のみでは解決できない科学技術の共通課題を解決するためには、同じ目標のもとで研究者同士が連携し、従来行われている研究の強化のみならず、分野の融合や新しい発想による研究のブレイクスルーを目指すことが重要であり、それを支援する枠組みが求められてきました。
本プログラムでは、政府間合意等に基づき文部科学省が特に重要なものとして設定する相手 国・地域、分野において、相手国・地域のファンディング機関と連携し、イコールパートナーシップにもとづく、より大規模な国際共同研究を支援しています。
相手国の研究支援機関と連携して、戦略的な国際共同研究を実施することにより、単一国で解決できない国際共通的な課題の解決や、国際連携による我が国の科学技術力の強化に資する成果を得ることを目的としています。

事業の概要

(1)共同研究課題の支援(公募)
1課題当たり6百万円〜1億円/年を原則とし、3年間から5年間(相手国との調整により支援額や支援期間は柔軟に対応します)にわたり国際共同研究プロジェクトを支援します。
課題支援の内容には、[1]研究機材購入、[2]必要な人件費、[3]研究者の派遣・招聘、[4]研究者による研究集会、等の費用を含みます。
(2)相手国資金配分機関(相手国FA)との共同実施
運営統括(PD)及び研究主幹(PO)の指導のもと、相手国FAと連携しながら国際共同研究の課題の公募・共同審査を実施します。
国際共同研究における相手国の研究機関に対しては、相手国FAからJSTと同程度の規模と内容の支援が実施されます。

事業の仕組み

事業の仕組み

プログラムの紹介

プログラムの紹介

二国間の国際共同研究

優れた研究の世界への発信と、諸外国との連携の相乗効果による科学技術発展の加速

  • ■研究期間:3年~5年間
  • ■研究費:課題当たり6百万~1億円/年程度 平成21年度より開始

わが国の科学技術・イノベーション力の更なる向上のため、省庁間の調整に基づいて設定された協力相手国・地域および研究分野において、イコールパートナーシップに基づく共同研究を実施しています。JSTは研究主幹(PO)のリーダーシップの下で、相手国ファンディング機関と連携しながら優れた国際共同研究の課題を支援しています。JSTと相手国ファンディング機関による共同公募・審査を経て採択された研究課題のチームに対して、日本側・相手側から研究支援が実施されます。

多国間の国際共同研究

e-ASIA

イコールパートナーシップでアジア地域共通の課題解決を目指す

  • ■研究期間:3年
  • ■研究費:課題当たり6百万~1千3百万円/年程度 平成24年度より開始

アジア地域において、科学技術分野の研究開発力の強化を目指し、研究交流を加速するとともに、アジア諸国が共通して抱える課題の解決を目指し、国際共同研究を推進しています。相手国ファンディング機関と連携しながら、イコールパートナーシップにより、材料・代替エネルギー・農業・ヘルスリサーチ・防災などの研究分野での多国間共同研究課題の支援を行っています。

CONCERT-Japan

日本と欧州諸国との間の科学技術協力関係を発展させる

  • ■研究期間:3年
  • ■研究費:課題当たり6百万円/年程度 平成21年度より開始

欧州連合(EU)の第7回研究・技術開発フレームワーク・プログラム(FP7)における国際協力活動プロジェクトの一環として始動したCONCERT-Japanは2014年12月に終了しましたが、協力関係継続のためにCONCERT-Japanという新たな名称へ変更し、現在も欧州8カ国9機関と日本とで科学技術協力を進めています。
科学技術政策などの情報交換、相互学習、ネットワークの構築、さらには共同公募を行い、様々な分野における研究課題を支援しています。

Belmont Forum

世界各国が結集した地球環境変動研究への支援

  • ■研究期間:1年~5年間
  • ■研究費:課題当たり3百万~1千万円/年程度 平成24年度より開始

グローバルな地球環境変動研究へのファンディングを行うために、世界の政府機関/ファンディング機関、国際組織が参加する国際会合(18カ国・地域、5国際機関, 2016年現在)。グローバルな持続可能社会の構築を目指す地球環境プログラムであるフューチャー・アースとも協調し、SDGsへの貢献も視野に入れた国際共同研究の支援を行っています。さまざまな分野で3カ国以上が協力する多国間共同公募を行っています。

国際共同研究拠点(CHIRP)

相手国に拠点を形成し、成果の現地社会普及を図る

  • ■研究期間:5年間
  • ■研究費:課題当たり30百万~1億円/年程度 平成27年度より開始

「日本の顔の見える」科学技術交流を、長期(最長10年間)に亘り支援します。従来の国際研究交流の成果や実績を活かしつつ、日本にとって科学技術外交上重要な国・地域の研究機関に構築した国際共同研究拠点(ハブ)において、ネットワークの拡大、人材交流・育成、イノベーションの創出、将来の社会実装を実現して、地球規模課題・地域共通課題の解決を目指します。

国際緊急共同研究・調査支援プログラム(J-RAPID)

大災害発生直後の研究・調査で得られた教訓を被災地の復興と将来の防災へ役立てる

  • ■研究期間:6ヶ月から1年間
  • ■研究費:課題当たり数百万程度 平成23年度より開始

J-RAPIDは災害発生など不測の事象が発生し、データの取得、問題解決のために緊急に研究調査を実施する必要がある場合に、機動的にその活動を支援し、本格的研究調査への「橋渡し」としての役割を担います。
特徴として、(1)研究調査の早期開始を可能とする迅速なプログラム発動、(2)被災国の政府機関等と協力したプログラム運営、(3)被災国の研究チームを含む国際共同チームによる研究調査の実施があげられます。その成果は、学術面への貢献だけでなく、被災地の復興への直接的な還元、さらには、我が国をも含めた多くの国々で将来の防災力向上に役立てることをも意図しています。