SCIENCE AGORA

2021年11月3日(水・祝)7日(日)

《プレアゴラ》10月10日(日)11日(月)

f_icon
twitter_icon
jst_logo_icon

No.07-B1011月7日(日)10:00~12:00

命のつながりと生物多様性 ~陸と海の豊かさを守ろう~

Biodiversity and the Chain of Lives - Protecting the abundance of the land and the sea -

生物多様性保全協会 The Japan Biodiversity Association

企画概要

img07-b10_00

私たちは、生物多様性を保全する活動をしています。その一つとして、在来種の保全のため、外来種の駆除活動をしてきました。外来種を駆除するということは、命を奪うことを意味しています。

人間や他の動物は、命を維持するために食料として他の命をいただいています。農作物に被害を与えている在来種のイノシシの命や在来種に悪い影響を与えている外来種のアメリカザリガニやアレチウリなどの生物の命をテーマに、食物連鎖・さまざまな命のつながりから、人と野生生物との持続可能な関係・共生のあり方を来場者と一緒に考えます。

http://www.biodiversity.or.jp/scienceagora2021.html

Our activities involve conserving the biodiversity of wild organisms. As one of our activities, we've been exterminating the alien species, to secure the breed of the native species. Exterminating alien species means taking away their lives.

Humans and animals take the lives of other organisms, consuming them as food, to keep our lives going. We will discuss about the food chains and how the lives of the organisms are linked to each other, taking the examples of native species of wild boars that damages the agricultural fields, or Red swamp crawfish and burr cucumbers, both alien species, that endangers the similar native species. Together with the audience, let us think about building sustainable relationship between the humans and the wild organisms.

登壇者プロフィール

img07-b10_01

石川 和宏 Ishikawa Kazuhiro

生物多様性保全協会会員。ELFIN(生物情報集積と発信) 代表。生物分類技能検定1級(底生生物、魚類、昆虫類の各専門分野)。建設部門(建設環境)、環境部門(自然環境保全)の技術士として、約30年間、自然環境の調査や自然保護の計画に携わる。

昆虫や水生動物など無脊椎動物を多く扱ってきた技術者・専門家として、ウシガエルの餌として持ち込まれた外来種アメリカザリガニの駆除について参加者と一緒に考えたい。

img07-b10_02

竹内 江利子 Takeuchi Eriko

調布市多摩川自然情報館解説員。鳥獣管理士2級。

里地里山の荒廃等によって、野生鳥獣の生息域が人の生活圏と重複するようになり、人と野生鳥獣との距離が近くなり、農業や生活環境等に係る被害が増している。野生鳥獣のうち、特に鳥獣保護管理法において第二種特定鳥獣に指定されているイノシシについて、鳥獣管理士として立場から、防除について参加者と一緒に考えたい。

img07-b10_03

萬代 純一 Mandai Jyunichi

生物多様性保全協会理事。元実験教室サイエンス倶楽部の教室長として、幼児から高校生までの科学教育に携わる。また、箱根植木株式会社の在来種緑化の担当者として、地域性在来種の普及に取り組んでいる。

農産物に被害を与えている特定外来生物アレチウリの駆除について参加者と一緒に考えたい。

img07-b10_04

赤澤 豊 Akazawa Yutaka

生物多様性保全協会代表理事。技術士環境部門(自然環境保全)、総合技術監理部門(建設環境)、環境カウンセラー(事業者部門)。環境コンサルタントとして約40年、自然環境保全、環境教育等の業務に従事する。

本企画では、在来種と外来種の「命」について、具体的な情報を示しながら「命を奪うこと」の賛否について考える。参加者も登壇者も自由に様々な意見を述べ、議論が深まるよう、司会・進行役を務めたい。

プログラム

10:00

1 開会の挨拶・企画意図の説明

10:05

2-1 アメリカザリガニは駆除すべきか?

   話題提供者:石川 和宏

10:30

2-2 イノシシは駆除すべきか?

   話題提供者:竹内 江利子

10:55

2-3 アレチウリは駆除すべきか?

   話題提供者:萬代 純一

11:20

3 まとめ・閉会の挨拶

   赤澤 豊

11:30

4 質問と意見の時間(メインプログラム終了後約30分:自由参加)

   参加者や話題提供者が自由に質問や意見交換を行います。

関連企画

地域課題・SDGs(資源・環境・エネルギー)に関する企画一覧

03-B15 カイコ・シルク~過去・現在・未来をつむぐ

03-C15 海にやさしい陸上養殖サイエンスで美味しく安全なお魚を食卓へ

03-B17 ゲームで森林保全を学んでみませんか?ーLet’s enjoy forestryー

03-B19 STI for SDGs ~社会課題解決を目指して~

04-A17 プログラミングでSDGs!

04-B17 資源循環型社会への変革〜南アフリカでの取り組み

05-A13 中学生達のチャレンジ~京都の里山から、持続可能な未来に向けて~

06-A15 みんなで語ろうカーボンニュートラルの社会と暮らし

07-B13 世界の海をめぐる流れと私たちの生活

07-A17 COI若手研究者との対話で考える「ワクワクx地域資源xSDGs」

07-B17 有明海創生~海の魅力から未来を考えよう!

page top