持続可能な地域づくりを
進める人たちと
地域のために働く研究者を
サポートする
日本各地で、日々、開発と環境保全の問題が起こっています。どのように持続可能な地域づくりをおこなっていくかを決めるためには、判断の材料となるデータや分析が必要です。「自然」は均一なものではなく、地形や気候、その他さまざまな条件の影響を受けながら変化していくものですから、その土地に密着して調査した結果がもっとも頼りになるのですが、そういった研究をおこなう研究者は多くありません。
その土地の風土や習慣をよく理解し、地域にくらす人々の視線から科学的な提案や助言をおこなう。そんな研究者をサポートし、育てていくのが、このプロジェクトの目的です。
研究プロジェクト「地域主導型科学者コミュニティの創生」
研究代表者:佐藤哲(総合地球環境学研究所 教授)