法律家と裁判で
科学が正しく扱われるための
方法を考える
科学技術が引き起こすトラブルに関する訴訟、医療事故の訴訟、DNA鑑定をはじめとする科学技術による証拠など、科学技術の関わる裁判が増えています。そういった裁判のときは、科学技術の専門家が法廷に呼び出され、裁判官、検察官、弁護士といった法律家から尋問されることになります。しかし、科学技術に関して、法律家は一般の人と同じ程度の知識しか持っていないことがほとんどです。科学者・技術者も法律家のことを、あまりよく理解しておらず、うまく説明できないことも多いのです。法廷で科学技術が正しく理解されないことは、社会に深刻な問題を引き起こす可能性があります。このプロジェクトでは、法律家と科学者が、お互いを理解し一緒に議論するための方法を研究しました。
研究プロジェクト「不確実な科学的状況での法的意思決定」
研究代表者:中村多美子(弁護士法人リブラ法律事務所 弁護士)