• 材料・デバイス

プロジェクト概要

「空飛ぶクルマ」の社会実装に向けた動きが加速しています。しかし、現在の議論では、空飛ぶクルマがより高頻度・高密度に利用される状況を視野に入れた社会制度設計や、社会受容性についての根本的な検討が不足していると言えます。空飛ぶクルマが広範に社会に普及するためには、低エネルギー負荷、スマートモビリティとしてのサービス実現、運航に不可欠な施設・構造物などのインフラ構築に加えて、都市交通政策に照らした考察や倫理的課題、法制度などの諸課題についても俯瞰的な考察が求められます。これらの複合的な課題を解決することなしに、空飛ぶクルマは私たちの幸福(ウェルビーイング)に貢献する移動手段として受容されることは難しいと考えます。
本プロジェクトでは、人文社会系と自然科学系の研究者が協働し、空飛ぶクルマが社会インフラとして実装される上での前提条件として克服されるべきELSIを、予見的に明らかにします。

  • 研究開発期間: 2021年10月~2025年3月 (進行中)
  • グラント番号: JPMJRX21J2
  • 開発者

    小島 立

    九州大学 大学院法学研究院

    教授

    Overview of the R&D project

    Comprehensive Research of the Ethical, Legal and Social Issues as Prerequisites for the Social Acceptance of Urban Air Mobility

    KOJIMA Ryu Professor, Faculty of Law, Kyushu University

    Social implementation of UAM (Urban Air Mobility) is accelerating. In the current discussion, however, there is a lack of fundamental examination of institutional design and social acceptability where flying cars are used more frequently and densely. For the widespread use of UAM, it is necessary to consider not only the low energy load, the realization of smart mobility services, and the construction of infrastructure that is essential for operation, but also to consider various issues from the perspective of urban transportation policies, and an ethical and legal point of view. Without solving these complex issues, it will be difficult for UAM to be widely accepted as a mode of transportation that contributes to our well-being.
    In this project, researchers from the humanities and social sciences and natural sciences will collaborate to anticipate, clarify and overcome these “Ethical, Legal, and Social Issues” (ELSI) as a prerequisite for the successful implementation of UAM as social infrastructure.

  • R&D Period: October 2021 - March 2025 (in progress)
  • Grant Number: JPMJRX21J2
  • プロジェクト一覧へ
    トップへ