• バイオ・ライフ

プロジェクト概要

科学技術の発展がもたらすELSI の研究において、近年、「責任ある研究・イノベーション」(Responsible Research and Innovation: RRI) の枠組みでの分析・議論が進められています。
本プロジェクトは、再生医療、ゲノム編集技術、合成生物学などの萌芽的な科学技術領域を対象として、ELSI/RRI議題の分析と可視化を行うとともに、多様なステークホルダーを巻き込んだ熟議をシームレスに実践します。このプロセスから得られた知見を、各領域のELSI/RRI議題の議論、指針形成、将来シナリオ形成などに活かしていく、実効的なRRIアセスメントを実施します。同時に、実践と反復を通じてアセスメントモデルの洗練と体系化を行い、ELSI/RRIアセスメントの社会実装方法の提示を目指します。

  • 参画・協力機関: 大阪大学, 早稲田大学, 神奈川県立保健福祉大学, 東京工業大学, 大阪府立大学, 京都大学, 政策研究大学院大学, 北海道大学, 東京電機大学, 広島大学, 滋賀大学, エジンバラ大学, 日本再生医療学会, 株式会社電通 ほか
  • キーワード: RRI, テクノロジーアセスメント, メディア分析, 熟議, 議題共創
  • 研究開発期間: 2020年9月~2024年3月 (進行中)
  • グラント番号: JPMJRX20J2
  • 開発者

    標葉 隆馬

    大阪大学 社会技術共創研究センター

    准教授

    グループ構成・リーダー

    • RRIアセスメントグループ
      標葉 隆馬 大阪大学 社会技術共創研究センター 准教授 (科学社会学・科学技術政策論)
      プロジェクト全体の管理とともに、得られた知見を統合し、萌芽的科学技術をめぐるRRIアセスメントの体系化と実装を行います。
    • 議題抽出グループ
      田中 幹人 早稲田大学 政治経済学術院 教授 (科学技術社会論・メディア研究)
      メディア分析やホライゾンスキャニングの手法を用いて、萌芽的科学技術をめぐるELSI/RRI議題の抽出・整理を行います。
    • 対話実践グループ
      八代 嘉美 神奈川県立保健福祉大学 ヘルスイノベーション研究科 教授 (幹細胞生物学・科学技術社会論)
      萌芽的科学技術をめぐるELSI/RRI議題について、市民参加による熟議・対話の実践とRRI対話ツールの作成を行います。

    トピックス

    Overview of the R&D project

    Implementation and systematization of RRI assessment model on emerging science and technology

    SHINEHA Ryuma Associate Professor, Research Center on Ethical, Legal, and Social Issues, Osaka University

    Currently, ethical, legal, and social issues (ELSI) of emerging sciences and technologies has been discussed under the framework of responsible research and innovation (RRI). The research project “Implementation and systematization of RRI assessment model on emerging science and technology (ISRA)” tries to analyze and understand ELSI/RRI agendas, conduct deliberation through public dialogue, focusing on cases of emerging sciences such as regenerative medicine, genome editing, synthetic biology, molecular robotics, and so on. Through combining various researches and practices, our project will show the better, appropriate, and effective model of RRI assessment. We will also sophisticate our RRI assessment model and show the way of implementation of the model.

  • Joint R&D Organizations: Osaka University, Waseda University, Kanagawa University for Human Services, Tokyo Institute of Technology, Osaka Prefecture University, Kyoto University, National Graduate Institute for Policy Studies, Hokkaido University, Tokyo Denki University, Hiroshima University, Shiga University, The University of Edinburgh, The Japanese Society for Regenerative Medicine, © Dentsu Inc, etc.
  • Key words: RRI, Technology Assessment, Media analysis, Deliberation, Agenda co-creation
  • R&D Period: September 2020 - March 2024 (in progress)
  • Grant Number: JPMJRX20J2
  • プロジェクト一覧へ
    トップへ