• 環境・エネルギー

プロジェクト概要

気候変動問題に対応するため、国際社会はパリ協定に合意し、人間活動によるCO2排出を実質ゼロにする「脱炭素化」を目指しています。
本プロジェクトは、日本の研究開発戦略・気候変動対応戦略において開発・普及が推進されている脱炭素化技術ならびにその開発・普及戦略を対象として、ELSIを含む多面的な観点からの評価枠組の構築を目標としています。脱炭素化技術についての幅広い関係者の参加を含むテクノロジーアセスメントを設計・実施するとともに、日本における過去の気候変動対応戦略の政策過程を定性的・定量的に分析します。これらの結果に基づき、技術的・経済的観点を主とする従来型の評価を、ELSIを含む観点から見直した「脱炭素化技術の多面的な評価枠組」を構築し、政策議論の現場に提案します。

  • 参画・協力機関: 国立環境研究所, 北海道大学, 青山学院大学, 東京大学, 明治大学, 一橋大学, 京都大学, 大阪大学, 国立国会図書館 など
  • キーワード: 脱炭素化技術, 気候変動政策, 研究開発政策, テクノロジーアセスメント
  • 研究開発期間: 2020年9月~2024年3月 (進行中)
  • グラント番号: JPMJRX20J1
  • 開発者

    江守 正多

    国立環境研究所 地球システム領域

    副領域長

    グループ構成・リーダー

    • 評価枠組グループ
      江守 正多 国立環境研究所 地球システム領域 副領域長 (気候科学)
      脱炭素化技術を対象としたELSIの観点を含む多面的な評価枠組みの開発と提案を行います。
    • テクノロジーアセスメントグループ
      三上 直之 北海道大学 高等教育推進機構 准教授 (社会学)
      脱炭素化技術のテクノロジーアセスメント (TA) の設計と実施を行います。
    • 政策過程グループ
      渡邉 理絵 青山学院大学 国際政治経済学部 准教授 (政治学)
      脱炭素社会形成へ向けた日本の政策過程の分析とELSIの観点からの考察を行います。

    Overview of the R&D project

    Establishing ELSI for strategies of developing and promoting decarbonization technologies in Japan

    EMORI Seita Deputy Director, Earth System Division, National Institute for Environmental Studies

    To combat climate change, the international community has adopted the Paris Agreement, and aims to achieve ‘decarbonization’ - net-zero anthropogenic carbon dioxide emissions - by the middle to the latter half of this century. Japan has also set forth a government policy to achieve decarbonization by 2050, and Japan’s energy and industrial policies are developing rapidly.
    The objective of this project is to devise and propose an assessment framework from multiple viewpoints, including ELSI, for various decarbonization technologies (emerging and existing). The assessment framework will apply to the technologies that have been developed and promoted in Japan’s R&D strategies and climate change strategies, as well as to the development and promotion strategies themselves.
    We aim to formulate and conduct a technology assessment for decarbonization technologies involving a wide range of actors, and make qualitative and quantitative analyses of the past policy processes of Japanese climate change strategies. Based on the results, we will structure and propose a ‘multilateral assessment framework for decarbonization technologies,’ by reconsidering the existing assessment focused on technological and economic aspects from multiple perspectives including the consideration of ELSI.

  • Joint R&D Organizations: National Institute for Environmental Studies, Hokkaido University,Aoyama Gakuin University, the University of Tokyo, Meiji University, Hitotsubashi University, Kyoto University, Osaka University, National Diet Library
  • Key words: Decarbonization technologies, Climate change policy, Research & development policy, Technology assessment
  • R&D Period: September 2020 - March 2024 (in progress)
  • Grant Number: JPMJRX20J1
  • プロジェクト一覧へ
    トップへ