[革新的反応]新たな生産プロセス構築のための電子やイオン等の能動的制御による革新的反応技術の創出

戦略目標

持続可能な社会の実現に資する新たな生産プロセス構築のための革新的反応技術の創出

研究総括

吉田 潤一(鈴鹿工業高等専門学校 校長/京都大学 名誉教授)

概要

 現在の化学合成や化学品生産においては熱エネルギーの利用が主流であり、新たな合成法・生産法の創製・確立のためには、熱エネルギー以外のエネルギーの積極的な利用が重要課題です。本研究領域は、電気や光等の古典的な熱エネルギー以外のエネルギーを積極的に利用した革新的反応技術を創出することを目的とします。すなわち、電気化学、光化学、触媒化学、合成化学、材料科学、理論・計算、計測等に立脚して化学反応場における電子やイオンの能動的高度制御を探求し、物質合成・生産に資する革新的反応技術を創出します。
 具体的には、(1)理論・計算と計測の連携による反応機構解明およびそれに基づいた革新的反応の設計、(2)革新的反応を可能にするための新材料の創製、(3)新材料や新技術を活用し、電気や光等、単独のエネルギーを用いた革新的反応プロセスの構築、(4)複数のエネルギーを組み合わせた革新的反応プロセスの合理的設計および構築、等の研究開発に取り組みます。反応原理の解明とともに電子やイオンの能動的制御法の開発や、それらに基づいた電気や光等を利用する新規合成反応の開拓を推進し、持続可能な社会の実現に向けた革新的反応技術を生み出すとともに、この分野のさらなる発展を担う研究者を輩出することを目指します。

 本研究領域は、文部科学省の選定した戦略目標「持続可能な社会の実現に資する新たな生産プロセス構築のための革新的反応技術の創出」のもとに、平成30年度に発足しました。

領域アドバイザー

安藤 香織 岐阜大学 工学部 教授
江口 久雄 東ソー株式会社 執行役員/有機材料研究所 所長
川田 達也 東北大学 大学院環境科学研究科 教授
近藤 寛 慶應義塾大学 理工学部 教授
関根 泰 早稲田大学 理工学術院 教授
滝澤 博胤 東北大学 理事・副学長(教育・学生支援担当)
堂免 一成 東京大学 特別教授/信州大学環境・エネルギー材料科学研究所 特別特任教授
西田 まゆみ 北海道大学 触媒科学研究所 教授
西原 寛 東京大学 大学院理学系研究科 教授
長谷川 龍一 三菱ケミカル株式会社 横浜研究所 無機材料研究室 室長
山川 一義 富士フィルム株式会社 ファインケミカル事業部/R&D統括本部 シニアアドバイザー
四橋 聡史 パナソニック株式会社 テクノロジーイノベーション本部 主幹研究員
柳 日馨 大阪府立大学 研究推進機構 特認教授

採択課題一覧

  1. 平成30年度採択課題

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望