【中辻 知】トポロジカルな電子構造を利用した革新的エネルギーハーヴェスティングの基盤技術創製


研究代表者

中辻 知

中辻 知

東京大学
物性研究所
教授


研究概要

新たに電子構造のトポロジーの視点を導入することで、これまで全く注目されなかった反強磁性体に焦点を当て、従来にない環境発電の基盤技術の創製を目指します。特に、反強磁性体の中でもスピンのナノ構造にカイラリティを有するものに着目します。反強磁性スピン構造を制御することで、それが誘起する電子構造のトポロジカルな性質に基づいた熱電効果など、巨大な起電力効果を利用した発電技術の開発を行います。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望