浜地ニューロ分子技術プロジェクト

プロジェクトホームページ

Hamachi_portrait

研究総括 浜地 格
(京都大学 大学院工学研究科 教授)
研究期間:2018年10月~2024年3月
グラント番号:JPMJER1802

 

たんぱく質をそれが存在する生細胞環境で狙い通りに修飾できる生細胞有機化学的手法を新しく開発するとともに、標的たんぱく質の機能を自在に制御できる独自の化学的および光化学的手法(化学遺伝学および光化学遺伝学)を開発します。そしてこれらの化学的方法論を、モデル細胞だけでなく、より複雑な培養神経細胞や脳組織、生物個体でも適用できるレベルまで格段に発展させることにより、記憶や神経・精神疾患と直接関連する神経伝達物質受容体やその相互作用たんぱく質の選択的なイメージングや動態解析、あるいは機能制御による神経細胞間相互作用ネットワークの分子レベルでの解析などを実現します。

本プロジェクトを通じて、ニューロ分子技術とも呼ぶべき新たな基盤技術を確立することにより、記憶などの高次脳機能の分子レベルでの理解など神経科学分野への展開だけでなく、神経・精神疾患といったこれからの人類が克服すべき多くの疾病の診断や治療法開発へとつながることが期待されます。

HamachiPJ_fig_jp

 

研究グループ

(1)生体有機化学反応開発グル-プ

(2)タンパク質活性制御技術の開発グル-プ

(3)神経細胞・脳組織での活性制御・可視化グル-プ

(4)個体レベルでの制御および生理的意義解明グル-プ

 

プロジェクトヘッドクオーター

〒615-8530 京都市西京区京都大学桂
京都大学工学研究科附属桂インテックセンター308
TEL: 075-383-2164

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望