【加藤 直樹】ビッグデータ時代に向けた革新的アルゴリズム基盤


研究代表者

加藤 直樹

加藤 直樹

関西学院大学
理工学部
教授

ホームページ


研究概要

今世紀に入り注目を浴びているビッグデータは、そのデータ量の膨大さ故に、その基礎となるアルゴリズム理論に根本的な変革が迫られています。本研究では、その変革を支える新しい計算パラダイムである劣線形時間パラダイムを提唱し、そのパラダイム実現のために劣線形アルゴリズム、劣線形データ構造、劣線形モデリングという新しい基盤技術を開発します。そして、これらの三者を統合することによってビッグデータ向けのアルゴリズム基盤を実現します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-I
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望