【望月 敦史】ネットワーク構造とダイナミクスを結ぶ理論に基づく生命システムの解明


研究代表者

望月 敦史

望月 敦史

理化学研究所 望月理論生物学研究室
主任研究員
研究室ホームページ


研究概要

生命科学は、遺伝子やタンパク質などの生体分子が相互作用するネットワークを明らかにしてきました。一方でそのシステムが作り出すダイナミクスについては、未だ十分に理解されていません。これに対し我々は、「ネットワーク構造だけから力学的性質を予測する新しい数理理論」を駆使して、この問題の解決に迫ります。システム全体を代表する分子の決定と計測、未知の相互作用の予測と検証。この繰り返しにより、遺伝子制御系、シグナル伝達系、中心代謝系という3つの複雑生命システムのダイナミクスを解明し、その動作原理に迫ります。


主たる共同研究者
佐藤 ゆたか 京都大学大学院理学研究科 准教授
廣島 通夫 理化学研究所佐甲細胞情報研究室 研究員
白根 道子 九州大学 生体防御医学研究所 准教授

望月 敦史_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域