【橋本 真一】1細胞遺伝子発現解析による組織微小環境情報の構築


研究代表者

橋本 真一

橋本 真一

金沢大学
医薬保健研究域・医学系
特任教授


研究概要

組織の状態を理解する事は、診断や病態を改善する上で非常に重要であります。その理解には組織において位置情報を保持したまま数千以上の1細胞の解析が必要となります。本研究では、1細胞由来のRNAにランダムにバーコードをつける技術を用いて、組織から数千~数万レベルの1細胞の位置情報と遺伝子発現を解析する方法を提案します。この方法によって癌細胞等に対する創薬ターゲットの同定、診断基準の決定が可能となります。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望