【岩田 覚】大規模複雑システムの最適モデリング手法の構築


研究代表者

岩田 覚

岩田 覚

東京大学 大学院情報理工学系研究科

教授
研究室ホームページ


研究概要

モデル化は、数理的手法による現実の問題解決や現象の解明に不可欠な第一歩ですが、生命現象や社会現象の様に支配法則の不明確な対象を扱う際には、同じ現象に対しても、多数のモデルが考えられます。本研究では、生命現象におけるネットワークや電力システム、交通システムを題材に、離散数学・最適化分野における最新の知見を駆使して、多数のモデルの中から最も適切なものを効率的に選択する体系的な手法の創出を目指します。

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • オープンサイエンス方針
  • ご意見・ご要望