日本−英国(EPSRC)研究交流における平成23年度終了課題の事後評価

平成24年11月14日

評価委員

 主査
  三浦 登  東京大学 名誉教授
 委員
  石原 宏  東京工業大学 名誉教授
  高野 幹夫 京都大学 物質−細胞統合システム拠点 教授

事後評価の進め方

 採択時の「申請書」等と研究終了報告書をもとに事後評価委員が事後評価を行った。なお、事後評価の進め方については以下の通りである。
1)研究終了報告書を研究代表者が作成
2)研究終了報告書及び申請書等を事後評価委員に送付し、査読による評価
3)事後評価委員「主査」による事後評価報告書の作成
① 事後評価委員の評価結果とりまとめ
② 事後評価報告書(案)の作成
③ 事後評価報告書(案)を研究代表者に提示し、事実誤認の確認
4)業運・理事会での審議・了承後、研究終了報告書および事後評価報告書を一般に公開(JST国際科学技術部ホームページに掲載)
プロジェクト名日本側研究代表者終了
報告書
事後評価報告書
イギリス側研究者代表者
強電子相関酸化物の新奇量子相 東京大学 大学院新領域創成科学研究科
教授 高木 英典
ブリストル大学 物理学科
教授 Nigel Edward Hussey
終了報告書 事後評価報告書
強磁性体/半導体接合からなる面内スピンバルブにおける効率的なスピン電圧/電流の生成 東北大学 電気通信研究所
准教授 大野 裕三
ヨーク大学 電子学科
講師 Atsufumi Hirohata
終了報告書 事後評価報告書
極限条件を用いた新規機能性酸化物の探索 京都大学 化学研究所
教授 島川 祐一
エジンバラ大学 極限条件科学センター/化学部
教授 John Paul Attfield
終了報告書 事後評価報告書
有機エレクトロニクスのための新しいラジカル物質科学 名古屋大学 物質科学国際研究センター
教授 阿波賀 邦夫
エジンバラ大学 化学科
上級講師 Neil Robertson
終了報告書 事後評価報告書
有機半導体ポリマー及び有機半導体単結晶におけるキャリア伝導の統一的理解と有機トランジスタの動作機構解明 大阪大学 理学研究科化学専攻
准教授 竹谷 純一
ケンブリッジ大学 キャベンディッシュ研究所
教授 Henning Sirringhaus
終了報告書 事後評価報告書
色素増感型太陽電池(DSC)における太陽光吸収効率と電荷移動効率の向上 桐蔭横浜大学 医用工学部
専任講師 村上 拓郎
オックスフォード大学 物理学科
講師 Henry J snaith
終了報告書 事後評価報告書