日本−スウェーデン研究交流における平成24年度終了課題の事後評価

平成26年3月10日

評価委員

 主査
  豊島 文子  京都大学 教授
 委員
  石井 信   京都大学 教授
  岡本 正宏  九州大学 教授
  千原 和夫  兵庫県加古川医療センター 院長

事後評価の進め方

 採択時の「申請書」等と研究終了報告書をもとに事後評価委員が事後評価を行った。なお、事後評価の進め方については以下の通りである。
1)研究終了報告書を研究代表者が作成
2)研究終了報告書及び申請書等を事後評価委員に送付し、査読による評価
3)事後評価委員「主査」による事後評価報告書の作成
① 事後評価委員の評価結果とりまとめ
② 事後評価報告書(案)の作成
③ 事後評価報告書(案)を研究代表者に提示し、事実誤認の確認
4)業運・理事会での審議・了承後、研究終了報告書および事後評価報告書を一般に公開(JST国際科学技術部ホームページに掲載)
プロジェクト名日本側研究代表者終了
報告書
事後評価報告書
スウェーデン側研究者代表者
単一細胞解析と細胞バイオメカニクスのための新規バイオアッセイシステム 北海道大学 大学院工学研究科
教授 大橋 俊朗
王立工科大学 バイオテクノロジー学科
教授 ヘレン・アンダーソン・スバン
終了報告書 事後評価報告書
ミトコンドリアβバレル型外膜タンパク質の輸送と膜組み込み機構及びタンパク質相互作用の解明 産業技術総合研究所 生命情報工学研究センター
研究チーム長 ポール・ホートン
ストックホルム大学 生物物理・生化学学科
教授 アルネ・エロッフソン
終了報告書 事後評価報告書
蛋白質-リピッド相互作用のケミカルバイオロジー 東京大学 先端科学技術研究センター
教授 菅 裕明
ストックホルム大学 生物物理・生化学学科
教授 グナール・ボン・ヘジネ
終了報告書 事後評価報告書
核酸医薬品伝達のための新規方法論の開発 京都大学 化学研究所
教授 二木 史朗
ストックホルム大学 神経化学部門
教授 ウロ・ランゲル
終了報告書 事後評価報告書
真核生物染色体高次構造構築原理についての革新的研究 東京大学 分子生物学研究所
教授 白髭 克彦
カロリンスカ研究所 細胞分子生物学部門
チームリーダー カミーラ・スヨーグレン
終了報告書 事後評価報告書
一細胞遺伝子発現解析技術の開発 (株)日立製作 中央研究所
フェロー 神原 秀記
カロリンスカ研究所 医生化学・生物物理部門
准教授 ステン・リナーソン
終了報告書 事後評価報告書