日本−デンマーク研究交流における平成24年度終了課題の事後評価

平成26年3月10日

評価委員

 主査
  鈴木 蘭美  エーザイ株式会社
         エーザイ・プロダクトクリエーション・システムズ プロダクトクリエーション本部
         事業開発部部長 兼 事業開発グループ統轄部長
 委員
  吉村 昭彦  慶應義塾大学 医学部微生物学免疫学教室 教授
  春日 雅人  独立行政法人国立国際医療研究センター 総長
  松島 綾美  九州大学 大学院理学府 准教授

事後評価の進め方

 採択時の「申請書」等と研究終了報告書をもとに事後評価委員が事後評価を行った。なお、事後評価の進め方については以下の通りである。
1)研究終了報告書を研究代表者が作成
2)研究終了報告書及び申請書等を事後評価委員に送付し、査読による評価
3)事後評価委員「主査」による事後評価報告書の作成
① 事後評価委員の評価結果とりまとめ
② 事後評価報告書(案)の作成
③ 事後評価報告書(案)を研究代表者に提示し、事実誤認の確認
4)業運・理事会での審議・了承後、研究終了報告書および事後評価報告書を一般に公開(JST国際科学技術部ホームページに掲載)
プロジェクト名日本側研究代表者終了
報告書
事後評価報告書
デンマーク側研究者代表者
Aberrant splicing in neuromuscular diseases 名古屋大学 大学院医学系研究科
教授 大野 欽司
南デンマーク大学 生化学・分子生物学専攻
教授 Brage Storstein Andresen
終了報告書 事後評価報告書
がん間質細胞の生物学的理解と治療標的としての検討 国立がんセンター 東病院臨床開発センター 臨床腫瘍病理部
部長 落合 淳志
コペンハーゲン大学 生物学専攻
准教授 Lone Ronnov-Jessen Petersen
終了報告書 事後評価報告書
心臓収縮機能の制御 東京大学 分子細胞生物学研究所
教授 豊島 近
オーフス大学 生理・生物物理学教室
准教授 Flemming Cornelius
終了報告書 事後評価報告書
定量的プロテオミクスを用いたDNA損傷応答シグナル伝達経路の包括的解析〜副作用を最小限に抑えた新しいがん化学療法の開発に向けて〜 東京都臨床医学総合研究所 ゲノム動態プロジェクト
参事研究員 正井 久雄
がん生物学研究所 細胞周期・がん専攻
教授 Jiri Bartek
終了報告書 事後評価報告書
前立腺、泌尿器、結腸直腸がんにおけるバイオマーカーの同定ならびに、マウスがんモデルにおける標的mRNA・miRNA遺伝子の機能解析 国立がんセンター がん転移研究室
室長 落谷 孝広
オーフス大学 分子医学専攻
教授 Torben Orntoft
終了報告書 事後評価報告書