シンガポール

二国間協力

担当問い合わせ先:

    1. 実施分野

    「物理科学の機能的応用」

    本協力分野では、細胞の動的計測・操作を可能にするバイオデバイスの技術基盤の開発をテーマとして、ナノバイオテクノロジー、バイオマテリアルを含む材料、及びバイオエレクトロニクスを含む領域における共同研究プロジェクトを推進します。

    研究主幹(PO)紹介

    2. シンガポール側ファンディングエージェンシー

    科学技術研究庁(A*STAR:Agency for Science, Technology and Research)

    3. 関連する研究集会等

    4. 公募情報

    公募情報
    月日研究領域プレスリリース
    平成27年3月
    (2015年)
    細胞の動的計測・操作を可能にするバイオデバイスの技術基盤の開発 詳細

    5. 支援中プロジェクト

    細胞の動的計測・操作を可能にするバイオデバイスの技術基盤の開発

    支援期間:平成27年度~平成30年度(2015年度~2018年度)

    細胞の動的計測・操作を可能にするバイオデバイスの技術基盤の開発
    プロジェクト名日本側研究代表者 シンガポール側研究代表者
    細胞信号伝達機構を模倣した人工細胞系バイオセンサーの開発 東京工業大学 科学技術創成研究院
    教授 上田 宏
    科学技術研究庁 生物医科学研究所
    上級研究員 ショーン・フーン
    細胞の自己組織化のメカニクスを可視化する新しい光学プラットフォームの開発 理化学研究所 生命機能科学研究センター
    チームリーダー 大浪 修一
    テマセク生命科学研究所
    主任研究員 茂木 文夫
    神経細胞を近赤外光操作するバイオ・ナノデバイスシステムの開発 東北大学 大学院生命科学研究科
    教授 八尾 寛
    シンガポール国立大学
    教授 シャオガン・リュウ

    6. 終了プロジェクト