国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)

日米共同研究課題(「ビッグデータと災害」領域)の募集のお知らせ

(2014年8月20日更新)

独立行政法人科学技術振興機構(JST)は、「国際科学技術共同研究推進事業(戦略的国際共同研究プログラム)において、米国国立科学財団(NSF)と共同して「ビッグデータと災害」に関する日本−米国の共同研究支援をおこないます。このたび、以下のとおり日本−米国の研究者による共同研究課題を募集します。

<重要な変更のお知らせ>
2014年8月20日(水)に申請書類を変更しました。
従来のこちらのページで配布していた「申請書類」に代わり、
新JST様式と米国側でNSFへ提出された申請書』を提出ください。
本変更に伴い、申請〆切を9月8日(月)から9月10日(水)に延長します。
ただしNSF側の〆切は、“ 5 p.m. proposer's local time September 08, 2014 ” で変更はありません。

1.募集について

(1)募集する共同研究課題
「ビッグデータと災害」に関わる日本−米国の研究者による共同研究課題
(2)募集期間 <2014年8月20日変更>
平成26年6月9日(月)〜平成26年9月10日(水) 日本時間17時 〆切
(3)申請方法 <2014年8月20日変更>
新JST様式(WORD)を記入のうえ提出ください。加えて米国側の共同研究代表者がNSFへ提出した申請書の電子ファイルを入手していただき、PDF形式にてJSTへ提出してください。
NSFへ提出する申請書を米国側の研究代表者と協力して作成する際は、募集要項(PDF形式)に記載されている日本側の審査基準(Evaluation Criteria)を十分にご参照ください。
「新JST様式(WORD)」と「米国側の研究代表者からNSFに提出された申請書のコピー(PDF)」の2点は、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)からご提出ください。
※米国側の研究代表者が申請システム(FastLaneもしくはGrants.gov)からダウンロードした申請書ファイルをJSTへ提出してください。米国側研究代表者との連絡の遅延などでNSF提出申請書のJST提出のみが〆切に間に合わない場合は個別にお問合せください。NSFへ提出する申請書の作成に関する説明と注意事項は、NSF側の公募ページを参照してください。
(4)事業の体制
研究主幹(日本側のプログラムオフィサー)
喜連川 優(写真)
喜連川 優 (国立情報学研究所 所長)
柴山 悦哉(写真)
柴山 悦哉 (東京大学情報基盤センター 教授)

本事業の仕組み

本事業の仕組み(画像)

2.支援の内容

共同研究課題が採択された場合、日本側研究者は平成29年度末まで23,000千円(直接経費)を上限とする研究費をJSTから受け取ることができます。
※委託研究費は、直接経費にその30%に当たる間接経費を加えた金額となります。
米国側研究者はNSFが別に定める同程度の研究費を受け取ることができます。

3.本件に関するお問合せ先

独立行政法人科学技術振興機構
国際科学技術部 事業実施担当 石川、中島
TEL:03-5214-7375 FAX:03-5214-7379
E-mail : お問い合わせ