事業プロモーター紹介

QBキャピタル合同会社

受付終了した事業プロモーター一覧

東京一極集中から脱却し、大学の「知」を活用した地域発イノベーションの創出を目指す

対象地域:全国(九州を中心)
  • ライフサイエンス
  • 環境・エネルギー
  • 情報通信
  • ナノテクノロジー・材料
  • 農林水産
  • その他
代表事業プロモーター
坂本 剛(代表パートナー)

1989年九州大学工学部卒業。大企業・中小企業・ベンチャーを経験し、2004年から九州大学知的財産本部において大学発ベンチャー支援を行う。2010年に㈱産学連携機構九州代表取締役に就任。2015年にQBキャピタル代表パートナーに就任し、九州地域の大学発ベンチャーを支援するファンド「QBファンド」の運営を開始。㈱Kyulux(投資先)社外取締役、KiQ Robotics㈱(投資先)社外取締役等。

  • ライフサイエンスライフサイエンス全般
  • 環境・エネルギー環境・エネルギー全般
  • 情報通信情報通信全般
  • ナノテクノロジー・材料ナノテクノロジー・材料全般
  • 農林水産農林水産全般
  • その他その他全般
  • 事業プロモーター
    • 本藤 孝
    • 具島 三佳
    • 川太 規之
  • 出資母体
    独立系
  • 会社概要

    〒814-0001
    福岡県福岡市早良区百道浜2-1-22
    SRPセンタービル706
    TEL:092-832-6200
    E-MAIL:mail
    WEB SITE:http://qbc.co.jp/

基本方針

  • Think globally, act locallyの実践
  • 東京一極集中から脱却し、九州からアジア・グローバルマーケットを見据えた地域発イノベーションの創出を目指します。
    地方に位置する大学では、シード・アーリー段階へリスクマネーを供給するVCや投資家の数が圧倒的に少ないため、ギャップ(死の谷)を越えることができずに成長できない大学発ベンチャーや、事業化に至らない有望な技術シーズが数多く存在しています。我々は、それらの課題を解決すべく、本事業を活用し、QBファンドやその他民間資金を呼び込み「大学の研究成果の社会還元」「地域における新産業の創出」に貢献したいと考えています。

事業育成戦略

  • 九州地域を中心とした大学の産学連携組織と円滑な連携・コミュニケーションを図り、ポテンシャルの高い技術シーズを効率的に発掘することに努めます。
  • 今後は、九州地域以外の大学の事業化プロジェクトについても積極的に支援を行い、QBファンドやその他民間資金(VCや事業会社)を呼び込むことにより、成長性の高い大学発ベンチャーの創出を目指したいと考えています。

我々の強み

  1. 10年以上にわたる産学連携分野での豊富な事業化支援実績および人的ネットワーク
  2. 15年以上にわたるベンチャーキャピタリストとしての海外・技術系スタートアップのハンズオン支援・投資実績
  3. 我々が今まで蓄積したノウハウを活用した、研究者のベンチャーに対する関与の方法や利益相反マネジメントなどに関する適切なアドバイス

主な実績

  • QBファンドで、大学発ベンチャーを中心に25件の投資実績があります(2021年3月時点)。
    九州大学発ベンチャー : ㈱Kyulux/㈱メグウェル/㈱サイフューズ
    鹿児島大学発ベンチャー : ㈱スディックスバイオテック
    九州工業大学発ベンチャー : KiQ Robotics㈱
    など。KyuluxメグウェルスディックスバイオテックKiQ Roboticsには、社外取締役を派遣し、出資だけでなく経営にも参画することによりハンズオン支援を行っています。
  • 代表事業プロモーターは、前職(産学連携機構九州)・前々職(九州大学知的財産本部)において、九州大学を中心とした大学発技術シーズの事業化支援、大学発ベンチャー支援における多数の実績と経験を保有しています。