プロジェクト紹介

生態系サービスの見える化による住民参加型制度の実現可能性評価と政策形成過程への貢献

研究代表者

プログラムアドバイザー:乃田 啓吾
乃田 啓吾
岐阜大学 応用生物科学部 准教授

プロジェクトの目標

  • 地域社会が支える生態系サービスを対象とする生態系サービス支払い制度の社会実装を目指す。
  • 土地改良区での将来ビジョンの検討過程や地方自治体における土地改良事業担当部局の政策形成過程にて具体的に参照されることを狙う。

プロジェクトの概要

社会のダウンサイジングの帰結として、これまで無意識のうちに提供されてきた水供給、水質浄化などの生態系サービスの機能低下が懸念されている。農家組織である土地改良区を中心に生態系サービスをどう保全し持続的に運営管理していくかが課題となっている。

本プロジェクトでは、地域社会が支える生態系サービスの中で、特に中山間地域や都市近郊の灌漑排水システムに注目し、生態系サービスの受益者である住民が提供者たる土地改良区に対して対価を支払う新たな仕組みとして「生態系サービス支払い制度」の社会実装を目指す。土地改良区(提供者)と地域住民(受益者)の双方への動機付け方法やサービス評価の方法、法制度的検討を行うことで、制度の実現可能性を検証する。

研究開発の成果は、土地改良区での将来ビジョンの検討課程や地方自治体における土地改良事業担当部局の政策形成過程にて具体的に参照されることを狙う。


プロジェクトイメージ

ページトップに戻る