• 情報・システム

プロジェクト概要

人工知能 (AI) の加速度的な発展・普及に伴って、個人の自律性への新たな脅威、人間と機械との関係の変容、自律的機械から生じるリスクなど、多様な倫理的課題が発生し増大しつつあります。
本プロジェクトは、法哲学・社会哲学・倫理学などと工学の緊密な協働の下、AIやそれを用いたビッグデータ分析の技術開発・利活用において生起する倫理的課題を発見・予見した上で、「個人の自律性および自律的AI」と「人間-AIの関係性」という2つの観点から理論分析を実施します。また、ステークホルダーとの連携・実践を通じて、技術開発者の行動指針を策定します。AI倫理学の国際的研究水準を踏まえつつ、日本の特徴も考慮した精緻な分析を通じて、科学技術が人間・社会と調和する人間関係や社会の在り方を構想するとともに、日本社会の文脈に即した責任ある研究・イノベーションを根付かせる基礎となる行動指針の提案を目指します。

  • 研究開発期間: 2021年10月~2025年3月 (進行中)
  • グラント番号: JPMJRX21J1
  • 開発者

    宇佐美 誠

    京都大学 大学院地球環境学堂

    教授

    Overview of the R&D project

    Autonomy and Affinity in AI Development and Use

    USAMI Makoto Professor, Graduate School of Global Environmental Studies, Kyoto University

    As artificial intelligence (AI) has been rapidly developed, humanity has met an increasing number of philosophical and moral challenges including new forms of threat against individual autonomy, the transformation of relationships between humans and smart machines, and risks from autonomous machines. This research project, carried out by a multidisciplinary team consisting of legal, moral, and political philosophers as well as computer scientists and engineers, seeks to uncover or foresee ethical challenges raised in the contexts of AI development and use. The team then analyzes these challenges from the perspectives of individual and AI autonomy and of human-machine relationship, utilizing recent findings made by overseas theorists in AI ethics. Finally, it proposes the code of conduct for AI developers to actualize the principle of responsible research and development in the context of Japanese society.

  • R&D Period: October 2021 - March 2025 (in progress)
  • Grant Number: JPMJRX21J1
  • プロジェクト一覧へ
    トップへ