1. ホーム
  2. プロジェクト紹介
  3. アプリを活用した発達障害青年成人の生活支援モデルの確立

研究開発成果の定着に向けた取り組み アプリを活用した発達障害青年成人の
生活支援モデルの確立

辻井 正次 中京大学 現代社会学部 教授

概要

これまで、アプリ『ライフログクリエーター』を開発し、発達障害等の成人当事者の地域での日常生活や余暇を支える仕組みの構築に取り組んできました。すでにアプリは50ヶ所ほどの事業所で利用されていますが、今後、普及のための実施体制の構築、人材育成のための研修会の定期開催、データの利活用に関する仕組みづくりなどに取り組むことで、アプリを用いた支援の定着を図ります。そして、全国どこであっても、発達障害などのある成人当事者が、アプリを通して緩やかに支援者や仲間とつながって、地域で安心して暮らしていけるようになることを目指します。