[本文]

H30年度の募集が終了しました。たくさんのご応募ありがとうございます。

プログラムの趣旨・公募の狙い

  • 大学等と民間企業によるコンソーシアム型の連携により、非競争領域の産学共同研究、博士課程学生等の人材育成及び産学連携システム改革を一体的に推進することで、「組織」対「組織」による本格的な産学連携を実現し、我が国のオープンイノベーションの本格的駆動を図ります。
  • 企業による民間資金を活用したマッチングファンド形式の研究開発プログラムです。企業には、大学等における基礎研究の企画から参画し、研究開発費及び博士課程学生等の人件費等の拠出を通じた本格的な産学共同研究を推進していただきます。
  • 大学等及び民間企業はプラットフォームを担う「共創コンソーシアム」を形成し研究開発を推進します。
  • 革新的技術によるイノベーションの担い手となる人材の育成をはかるため、学生や若手研究者を含む多様な人材の参加を推奨します。また、博士課程学生等の人材育成においては、文部科学省の「卓越大学院プログラム事業」との連携も視野に入れた人材育成システムを構築することが期待されています。
  • 本プログラムは、「未来投資戦略2017」(平成29年6月9日閣議決定)における「2025年度までに大学・国立研究開発法人等に対する企業の投資額を2014年の水準の3倍とする」という政府目標の達成に向け、マッチングファンドを活用した産学共同研究を推進するほか、「産学官連携による共同研究強化のためのガイドライン」(平成28年11月30日イノベーション促進産学官対話会議事務局)に基づく大学等の産学連携システム改革を加速するためのプログラムとしても位置づけられています。
  • ◆非競争領域(pre-competitive stage):学術論文の発表が可能で、大学等や複数の民間企業が参画する共創コンソーシアムにおいて、研究開発成果に関する情報の共有が可能となる基礎的・基盤的研究領域。

公募概要

  • 平成30年度は「オープンイノベーション(OI)機構連携型」と「共創プラットフォーム育成型」を公募します。
  • 「共創プラットフォーム育成型」は、平成30年3月23日(金)より公募を開始しました。
  • 「オープンイノベーション機構連携型」は、平成30年4月12日(木)より公募を開始しました。
  オープンイノベーション機構連携型 共創プラットフォーム育成型
概要 文部科学省の「オープンイノベーション機構の整備事業」※1 を持続的に機能させていくための基盤となる非競争領域の産学共同研究、博士課程学生等の人材育成及び産学連携システム改革を一体的に推進する。 本格実施可能性を検討するフィージビリティスタディー(FS)フェーズ、およびプロジェクトを本格的に推進する本格実施フェーズを設定し、非競争領域の産学共同研究、博士課程学生等の人材育成及び産学連携システム改革を一体的に推進する。
提案対象 幹事機関(大学)及び民間企業(異業種を含む)3社以上の連名による申請 幹事機関(大学)及び民間企業3社以上の連名による申請 
予定件数 4領域 4領域
支援規模(1年度あたり)※1 100百万円/年度 FSフェーズ:30百万円/年度
本格実施フェーズ:170百万円/年度
支援期間 5年度 6年度(FSフェーズ:2年度、本格実施フェーズ:4年度)
支援規模(総額)※2 500百万円 740百万円
スケジュール(予定) ・公募期間 :平成30年4月12日(木)~6月22日(金)
・審査期間 :平成30年6月下旬~9月中旬頃
・選考結果通知 :平成30年9月頃
・研究開発開始 :平成30年10月以降
・公募期間 :平成30年3月23日(金)~5月31日(木)
・審査期間 :平成30年6月上旬~7月下旬頃
・選考結果通知 :平成30年8月下旬頃
・研究開発開始 :平成30年9月以降
  • ※1 「オープンイノベーション機構の整備事業」は、文部科学省が公募を行っています。
    詳細については、文部科学省の 公募ホームページをご参考ください。
  • ※2 平成31年度以降の支援規模等は、政府予算の成立を前提とします。
    JSTの委託研究開発費は、研究開発費と調査推進費の合計額となります。内訳の詳細については、当該公募要領をご確認ください。

提案の方法

  • 本公募では、府省共通研究開発管理システム(e-Rad)を用いて提案を行っていただきます。
  • 提案書様式はこちら

公募説明会

『オープンイノベーション機構の整備事業』及び『産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)』平成30年度公募説明会

  • プログラム概要:
    •  ○オープンイノベーション(OI)機構の整備事業 背景とねらい(文部科学省)
    •  ○オープンイノベーション(OI)機構の整備事業の公募説明(文部科学省)
    •  ○産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)の公募説明(JST)
    •  ○JST他事業公募説明(東京の追加開催では実施しません)
      ・研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)
       機能検証フェーズ(旧:地域産学バリュープログラム)、産学共同フェーズ(旧:ステージⅡ)、企業主導フェーズ(旧:ステージⅢ)
      ・大学発新産業創出プログラム(START)
      ・出資型新事業創出支援プログラム(SUCCESS)
  • 諸事情により開催内容等が変更となることがございます。予めご承知おきください。
開催地 開催日時 会場および住所 会場アクセス 主催部門 予定プログラム お申込
大阪 2018/4/16(月)
13:30~16:20
会場:Osaka Innovation Hub (大阪イノベーションハブ) ナレッジキャピタルタワーC 7階
住所:大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪
会場へのアクセス(外部サイト) JST OPERA
共催:OIH※3
プログラム詳細 ※申込は終了しました。
東京 2018/4/17(火)
9:30~12:15
会場:JST東京本部別館 1階ホール
住所:東京都千代田区五番町7 K’s五番町
会場周辺MAP
市ヶ谷駅からのアクセス
JST OPERA プログラム詳細 ※申込は終了しました。
東京(追加開催) 2018/4/17(火)
14:00~15:20
プログラム詳細(追加開催) ※申込は終了しました。
  • ※3 大阪イノベーションハブ(OIH)は大阪市より委託を受けて(公財)大阪市都市型産業振興センターが運営しています。JSTの事業ではありませんのでご注意ください。

公募要領

提案書類

提案書   オープンイノベーション機構連携型 共創プラットフォーム育成型(FS型)
様式1-11 (様式1~11)提案書[OI連携型](Word:377KB) (様式1~11)提案書[育成型](Word:456KB)
別紙 (様式3)提案書【技術・システム革新シナリオ構想】別紙[OI連携型](PPT:55KB) (様式3)提案書【技術・システム革新シナリオ構想】別紙[育成型](PPT:83KB)
提案書類の提出期限 【電子申請(e-Rad)】
平成30年6月22日(金)正午<厳守>
【電子申請(e-Rad)】
平成30年5月31日(金)正午<厳守>
  • OPERA「オープンイノベーション機構連携型」および「共創プラットフォーム育成型」は、e-Radシステム上では、2つの公募になっております。間違わないように応募してください。
  • OPERA「オープンイノベーション機構連携型」においては、「オープンイノベーション機構の整備事業」に応募していることが要件となっています。
  • 公募期間中に限って、提案の補正は可能です。
  • e-Radによる公募は、提出期限後に自動的に終了しますので、十分に時間的余裕をもって申請してください。e-Radの操作方法については「公募要領」第5章をご確認ください。
  • 【提案書表紙(幹事機関、参画する大学等及び民間企業の押印済み)】を上記提出期限までにe-Radにて提出してください。押印版原本については、幹事機関にて保管してください。 なお、提出期限まで全ての参画機関の押印が困難な場合は、早めにJST共創プラットフォーム担当に相談して下さい。


TOP