プロジェクト紹介

吉田 和哉PM 写真

目標3 研究開発プロジェクト(2022年度採択)月面探査/拠点構築のための自己再生型AIロボット

プロジェクトマネージャー(PM)吉田 和哉東北大学 大学院工学研究科 教授

概要

月面において未到探査および拠点構築を行う担い手として、再構成が可能なAIロボットシステムを提案し、その実現に向けた研究開発を行います。月面に持ち込んだ資材を有効活用し、状況に応じてモジュールの組み換えや、月面で得られる資源を用いてパーツの修復を行うことができる自己再生型AIロボットの技術を確立します。それにより、2050年には月面での探査と資源活用が促進され、持続的な有人活動拠点の実現を目指します。開発された技術は、地球上の自然災害等にも応用できます。

2050年におけるAIロボットによる月面活動拠点のイメージ

2050年におけるAIロボットによる月面活動拠点のイメージ

2030年までのマイルストーン

合体変形により自ら再構成できる機構を持ち、作業タスクとロボット形態に応じた適応的な制御系を構成できるAIを持ち、月面で得られる材料を用いて、必要な時にその場で自ら必要な部品を製作できる機能を備えた自己修復・再生が可能なロボット群としてシステム統合します。

2025年までのマイルストーン

ロボットモジュールを自身あるいは他のロボットにより着脱・交換できること、移動環境に応じて適切な移動様式や形態を選択してモジュール組み換えを行いミッションを遂行できること、複数台のロボットを用いて障害物のある不整地上で大型の対象物を協調搬送できることなどを実証します。

研究開発の概要

研究開発項目
  • 1. モジュラー・マルチエージェントなロボットシステム
  • 2. 分散型・Plug and Play可能なAI
  • 3. 自己修復・再生可能なハードウェア

課題推進者リスト

研究開発項目1 松野 文俊 大阪工業大学 工学部 電子情報システム工学科 特任教授
研究開発項目1 森本 淳 京都大学 大学院情報学研究科 システム科学専攻 教授
研究開発項目4 吉田 和哉 東北大学 大学院工学研究科 航空宇宙工学専攻 教授
研究開発項目4 木村 真一 東京理科大学 創域理工学部 電気電子情報工学科 教授
研究開発項目4 山野辺 夏樹 産業技術総合研究所 インダストリアルCPS研究センター 上級主任研究員

PDFダウンロード

関連情報