【柳澤 修一】フィールド環境での栄養応答ネットワークによる生長制御モデルのプロトタイプ構築


研究代表者

柳澤 修一

東京大学
生物生産工学研究センター
准教授

研究室ホームページ


研究概要

野外の土壌の栄養環境は極めて多様ですが、植物は様々な土壌栄養環境に適応して生長して子孫を残す仕組みを備えています。本プロジェクトでは、モデル植物の野生種集団やイネ栽培種のコレクションから貧しい栄養環境でもよく育つ植物などを探し出し、それらにおいて栄養の吸収と利用を制御している栄養応答ネットワークがどのように働いているかを調べることにより、野外の多様な土壌栄養環境で植物が育つ仕組みを分子レベルで解き明かします。


主たる共同研究者
射場 厚 九州大学 大学院理学研究院 主幹教授
宮尾(徳富) 光恵 東北大学 大学院農学研究科 教授

柳澤 修一_概要図

クイックアクセス

Quick Access

Press Iconプレス発表

 お知らせ

 イベント

arrow 進行領域

arrow 終了領域

プログラム

Program
  • CREST
  • さきがけ
  • ERATO
  • ACCEL
  • ACT-C
  • 国際化強化支援
  • ALCA
  • RISTEX
  • ACT-C
  • 戦略的イノベーション創出推進プログラム
  • 先端計測分析技術・機器開発プログラム
終了したプログラム
  • パンフレット
  • メールマガジン
  • 契約関連資料
  • マニュアル
  • 女性研究者のみなさまへ
  • 研究成果
  • JST オープンアクセス方針
  • ご意見・ご要望