【年吉 洋】エレクトレットMEMS振動・トライボ発電


研究代表者

年吉 洋

年吉 洋

東京大学
生産技術研究所
教授

研究室ホームページ


研究概要

本研究では、次世代の無線センサノードに必要な10mW級の自立電源を実現するために、MEMS(Micro Electro Mechanical Systems、微小電気機械システム)技術とイオン材料技術を駆使して、環境振動から未利用エネルギーを回収し発電する振動発電素子(エナジーハーベスタ)の研究に取り組みます。特に、固体中のイオンを用いたエレクトレット(永久電荷)による静電誘導を、イオン液体電気二重層による大容量キャパシタで結合した新規発電デバイスを開発します。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望