ステップアップ評価採択課題:2021年度研究開始チーム

岡本 敏宏

バンド伝導性有機半導体を用いたハイブリッド型環境発電素子の開発

研究代表者
岡本 敏宏

東京大学
大学院新領域創成科学研究科
准教授

主たる共同研究者
尾坂 格 広島大学 大学院先進理工系科学研究科 教授
小林 伸彦 筑波大学 数理物質系 教授
野々口 斐之 京都工芸繊維大学 材料化学系 講師
研究概要

本研究では、バンド伝導性有機半導体を基盤材料とし、有機熱電素子および有機光電素子に用いる有機半導体・有機導電体・ドーパント材料の創製と各種プロセス開発を行います。有機半導体科学、高分子材料科学、超分子科学、理論物性物理学の異分野融合研究により、有機環境発電の学理の解明に挑むとともに、熱電と光電変換素子が搭載された有機ハイブリッド型環境発電素子の実現を目指します。

小野 新平

スマートメカトロニクスを基盤とした振動発電素子の開発

研究代表者
小野 新平

(一財)電力中央研究所
エネルギートランスフォーメーション研究本部
上席研究員

主たる共同研究者
田中 有弥 千葉大学 先進科学センター 助教
中嶋 宇史 東京理科大学 理学部第一部 准教授
矢嶋 赳彬 九州大学 大学院システム情報科学研究院 准教授
山根 大輔 立命館大学 理工学部 准教授
研究概要

材料科学・機械工学・電子工学の知見を融合して、スマートメカトロニクスを創成する。具体的には、双極性エレクトレット材料、新マイクロ機械構造、ニューロン回路等を集積して、社会インフラから発生する低周波かつ広帯域の振動から発電し、さらには蓄電までを一体化して行う振動発電デバイスの開発を目的とする。最終的には、インフラでの実証実験、AIを利用した解析まで行うシステムの開発を行う。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望