【松本 眞】超一様性の理論と諸科学におけるランダムネスへの展開


研究代表者

松本 眞

松本 眞

広島大学
大学院理学研究科
教授


研究概要

諸科学・実社会にあらわれる多くの現象に、「デタラメさ=ランダムネス」があらわれます。量子力学や株価変動が代表です。デジタル計算機により「真のランダムネス」を創り出すことは不可能ですが、「擬似乱数」という模造品がフォン・ノイマンにより生み出され、真のランダムネスよりも有効に使われています。本研究は、さらに有効な「超一様性」を数学理論を用いて生み出し、実用に供することを目的とします。

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-C
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望