ナノ科学を基盤とした革新的製造技術の創成

1.研究領域の概要

 本研究領域は、ナノ科学と実用化とのギャップを埋める実用化を意識した、換言すればナノ科学に根ざした発見や独創的技術を展開して「具体的もの」の創製という出口を見据え、その結果「使える技術」として諸技術に伝播する波及効果の大きな研究を実施した。

2.CREST研究領域追跡評価

2-1.評価報告書

「ナノ科学を基盤とした革新的製造技術の創成」追跡評価報告書

2-2.評価委員

◎中山 喜萬 大阪大学 名誉教授
 植田 充美 京都大学 大学院 農学研究科 教授
 川原田 洋 早稲田大学 基幹理工学部 教授
 久保田 弘 熊本大学 パルスパワー科学研究所 教授
 玉田 薫  九州大学 先導物質化学研究所 教授・副理事
 山口 浩司 日本電信電話(株) NTT物性科学基礎研究所 上席特別研究員
◎は委員長

2-3.追跡評価用資料

「ナノ科学を基盤とした革新的製造技術の創成」追跡評価用資料

プログラム

  • CREST
  • さきがけ
  • ACT-I
  • ERATO
  • ACT-X
  • ACCEL
  • ALCA
  • RISTEX
  • AI時代と科学研究の今
  • AIPネットワークラボ
  • JSTプロジェクトDB
  • 終了事業アーカイブズ
  • ご意見・ご要望