人材育成プログラム

目利き人材育成プログラム

バリュープロデュースコース

技術移転活動に必要な知識とスキルを習得し、事業をプロデュースする力をつける

事業化シナリオ策定までの一連の流れを、ケース事例検討を通じて学びます。事業化の実現までに必要な知識を体系的に習得することにより、プロジェクトを構築・牽引するプロデュース力を身につけるコースとなります。

カリキュラム

①ケース事例をもとに、事業化までのプロセスを以下のスキル(オレンジマーク)を中心に学びます。
対面式のグループ討議を重視したカリキュラムです。
②第一線で活躍する講師陣と実務で役立つ分析評価ツールの提供
【令和2年度の主な講師】(五十音順)
秋光 和也香川大学 農学部 副学部長 国際希少糖研究教育機構 副機構長
各務 茂夫東京大学 大学院工学系研究科 教授 産学協創推進本部 副本部長
久保 浩三独立行政法人工業所有権情報・研修館 理事長
鈴木 剛一郎株式会社イノベーションマネジメントコンサルティング 代表
【分析評価ツール】

トリアージ[研究成果の選別評価ツール]

  • トリアージ(選別)は、研究成果の技術移転活動を進めるための順位付け、あるいは見送りの判断を行うための評価ツールです。研究者に対し直接ヒアリングを行い、「発明者のプロフィール」・「技術的メリット」・「知財の保護可能性」・「市場性」の4つの視点から研究成果の評価を行います。

SN(シーズ-ニーズ)マトリックス変換[市場の顕在化分析ツール]

  • 研究・技術成果の特長的な機能を明らかにし、その機能を介して技術特性や製品・市場を顕在化するための分析ツールです。研究成果の評価・選別の結果、有望な研究課題について技術移転活動を進めるため潜在的あるいは新たな市場を見出すときに利用します。

ロードマップ[技術の事業化戦略]

  • 研究開発から商品化・事業化に必要な研究開発要素について各研究開発フェーズにおける解決すべき課題を顕在化させ道筋を可視化し円滑に研究開発を推進する分析ツールです。研究開発プロジェクト実施の開始時、終了時を含む節目節目に利用します。